長崎県知事、ロナウドに会うために道知社会の不参加

Estimated read time 1 min read

長崎 – 大石源郷長崎知事は、大阪で開催された国際サッカーの試合を観戦し、ポルトガルのスタークリスティアーノ・ロナウドに会うために、同僚の全国会議をスキップしました。

全国知事協会は群馬県と長崎県の指導者たちが7月25~26日、山梨県で開かれる会議に参加しなかったと明らかにした。

長崎県は大石市の代わりに馬場優子副知事を会議に派遣した。

長崎県秘書課は大石が去る7月24日、山梨県で開かれた準備行事に参加したが、「公式業務」のため、実際の行事には参加できなかったと明らかにした。

このような任務は6月、大石と徳永達也県議会議長のポルトガル訪問から始まったものと見られる。 彼らはヨーロッパ訪問期間ポルトガル政府と文化、スポーツ、観光、産業など多様な分野で協力と友好を強化するための了解覚書を交換した。

7月の会議では、全国知事協会はより広範な問題に対処しました。 日本の低出産、人口減少、地球温暖化などの問題を解決するため、地方の力を動員するために「山梨談話」を採用しました。

知事の初日である7月25日、大石は東京で財務省と国土省を訪問し、道路維持費予算の割り当てを要求しました。

その日午後、彼は大阪に移動し、ヤンマールスタジアム長井でロナウドが所属するサウジアラビアアルナスールFCとパリサンジェルマンの親善試合を観戦した。

翌日、大石は広報目的で大阪府企業を視察した。 夕方にはロナウドとパートナーシップを結んだ民間企業が主催したイベントに参加した。

会社はイベントで大石とロナウドの会話を手配しました。 知事はポルトガル人フォワードに「長崎県の広報に助けの手を送ってほしい」と要請したという。

県政府は、支店の公務に関連するすべての旅費と宿泊費を負担しています。

同知事は「ロナウドに会って会話をする前に彼の競技力を直接確認したかった」とサビでサッカーの試合チケットを購入したと秘書室は伝えた。

このセクションによると、ロナウドはまだ大石市の広報要請に応答していません。

クリスティアーノ・ロナウドが11月24日、サウジアラビア・リヤドのアル・アウワル・パークでアル・ナスルに得点した後、祝っている。 (ロイター写真)

READ  渋谷、新潟・パラス22連敗
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours