エンターテインメント

閉鎖期間中に、日本の映画やTVの米国の欲求増加

ニューヨーク-1年以上コロナウイルス感染症を突き抜ける暴食を見ても、米国の観客はまだ日本の番組や映画を十分に見ることができません。

Parrot Analyticsとメディアコンサルティング会社であるGlobal Connectsの最近の報告によると、日本のコンテンツが他のすべての英語以外の製品よりも優れた性能を示しています。

特にアニメーション製品が視線をひきつけています。

グローバル大きくネクチュのCEOでワーナーメディアの元役員であるダグラス・モンゴメリーは、「アニメは多くのアメリカ人たちに日本文化の玄関口薬」と述べた。 「とにかくボックスオフィスとTVの需要データを見ると、米国の視聴者と一緒に、日本のコンテンツに対する欲求が高まっており、実行余地が十分であることがわかります。 “

米国の視聴者は、全世界の話の欲求が高まっています。 韓国映画とドラマはオスカー受賞「寄生虫」として、米国の観客をさらった。 しかし、Global Connects and Parrot Analyticsレポートによると、数字は、日本映画が静かに1位を占めたことを示します。

2019年の日本映画の総興行収入は3300万ドルを超え、韓国の3100万ドルを超えました。 アニメ映画「ドラゴンボールスーパー:ブロリー “だけ3000万ドル以上を稼いかけました。 「ポケモン:名探偵ピカチュウ “、”ゴジラ:キング・オブ・モンスター」、「アリその他:バトルエンジェル」などの日本の不動産を英語でリメイクした作品も興行に成功した。

4月には、人気漫画シリーズを原作としたアニメ映画「Demon Slayer the Movie:Mugen Train “が公開週末に約2110万ドルを稼い米国で大きな人気を獲得しました。 配給会社FunimationとAniplex of Americaによると、この長編映画は、最大の外国語デビュー記録に米国の興行記録を更新しました。

Global ConnectsのMontgomeryはもともと日本の資産であった「Transformers」シリーズを引用しながら「日本のコンテンツは、米国で50年の間に、ゆっくりと燃えています。多くの部分がリメイクされておりアイデアは日本で出ました。」と言いました。 。 “興味深いのは、 [the demand] リメイクではなく、ネイティブなコンテンツとなっています。 “

映画は、米国の視聴者を引き込むは、日本の唯一のエンターテイメントがありません。 Parrot Analyticsによると、スペイン語、米国で2番目に多く使用されている言語であるが、米国で最も需要の多い英語以外の言語のコンテンツは日本語です。 過去6四半期中に、元の日本語のシリーズは、英語以外のシリーズの全体需要の約3分の1を継続的に獲得した。 この会社の需要測定には、ビデオの消費だけでなく、ソーシャルメディアへの参加と、特定のショー検索などのオンライン活動も含まれます。

Netflixのようなストリーミング巨人は長いアニメーションの提供を強化するために努力してきました。

ネットフリックスのスポークスマンは、「日本の話が全世界のファンに近づいている」と日経アジアと述べた。 「私たちは、アニメーションのようなカテゴリーが既存のファン層を越えて人気が高まって、米国のような国では、ますますアクセス可能になることを見るされて嬉しいです。」

3月のネットフリックスは、日本の象徴的最大映画スタジオであるToho Studioで2つのサウンドステージを借りる複数年契約を発表しました。 契約は4月に2つの日本映画のプロジェクトである「性推理」と「ヨーヨー白山ショー」で始まりました。 後者は、古典的なアニメシリーズの実写リメイクです。

ネットフリックスは、視聴者が、今年25以上の日本の実写とアニメシリーズを期待できると述べた。

アニメーションが「ゲートウェイ薬物」であることがありますが、ライブアクションショーも人気を得ています。 Parrot Analyticsによると、非アニメシリーズの米国の需要は昨年103%増加した。 Netflixオリジナルアクションとファンタジーシリーズ “Alice in Borderlands」は、米国の平均シリーズ需要の5倍以上に達している。

グローバルコネクトのモンゴメリーは、ストリーミングサービスがグローバルコンテンツの需要の増加の主な要因であり、COVID-19疫病がストリーミングプラットフォームの成長を加速したと言いました。 「Netflix and chill」を使用すると、一度に複数のエピソードを見たり、一晩にシリーズを終了することもできます。

「暴飲暴食観覧 “文化の負傷で聴衆は、新しいことを熱望しています。

「人々が、暴飲暴食を開始し [become] 非常に予測可能であり、退屈し始めます。 そして、彼らは他の文化の映画やTV番組を表示するために関心を持ち始めたときです。 彼らは結末を予測することができなかったので結末が彼らに驚くでしょう。」とMontgomeryは言いました。 “そして、ミレーニオル世代は気にしない。字幕」

彼は字幕がある映画がX世代と団塊の世代とうまくいかなかった映画をダビングする必要がしたので、より多くの努力が必要だと付け加えました。

「これらが示すとき [can be] サブタイトルをつけて、消費者が簡単に身につけることができるようしました。 “と彼は言いました。

しかし、米国では、アニメーションではなく、日本のコンテンツの需要が高いが、米国の視聴者が利用できる番組や映画がその法案に合うのは多くありません。 Parrot Analyticsによると、今年第1四半期に最も人気のある日本のコンテンツジャンルはホラー、冒険、スーパーヒーロー、超、ファンタジーだったが、そのうちの3つ(恐怖、スーパーヒーロー、超)は、供給が最も不足しています。 。

モンゴメリーは、「韓国は日本がすべきことを促進するために、はるかに積極的に参加している」と述べた。 「大きなチャンスです。」

「おそらく、次のステップは、実写で成功します。 [films]、ボックスオフィスで大きな成功を収めたり、オスカーを受賞しました。 」と付け加えました。

READ  アニメ「ヘタリアWorld★Stars」が2021年春に始動! イタリアの駅の浪川大輔、ドイツ駅・安元洋貴などキャスト陣から喜びのコメント到着| PASH! PLUS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close