開発中の日本のAI規制。 出版社の著作権法の改正を求める

Estimated read time 1 min read
ロイター資料写真
6月23日に撮った写真です。

国内人工知能プロバイダーに対する効果的な規制はまだ開発中であり、岸田文夫首相は「リスクを適切に解決しながらAIの利点を促進する国際ガバナンスを構築することが重要だ」と述べた。

高一サナエ経済安保賞は記者会見で「AI開発は安全保障とAI拡散促進の必要性とバランスを取らなければならない」と話した。

10月末、G7カ国は、日本議長が主導する広島AIプロセスの一環として、AI開発者のための国際指針と国際行動規範に合意しました。 このガイドラインは、AIを活用した武器の開発、虚偽情報の助長、偏見、差別などのリスクを説明しながら、市販前段階から適切な措置を取ることを要求しています。

このような国際ガイドラインに合わせて政府は去る11月、国内AIプロバイダーのためのガイドライン草案を設けたが、これには第三者認証制度の導入に関する議論が含まれた。 政府は詳細な規制体系設計を進める計画だ。 このシステムが安全性を考慮せずに製品を開発しようとするAI事業者を抑制する役割を果たすのか不透明で、政府は違反に対する処罰規定を消極的にする。

オペレータを管理する規制は、他の国でも議論の余地があります。 欧州連合(EU)は、来年の春まで運営者を処罰するなど、強力な規制を含むAI法を通過させることを目指している。 しかし、一部の加盟国、特にフランス、ドイツ、イタリアでは、AI開発者の自律規制で十分だという意見だ。 これらの国々は、新しい法律が国内AIプロバイダーの活動を妨げる可能性があることを懸念しており、EU内のAI規制に関する議論が長期化される可能性があります。

日本では現在、AIが著作権者の許可なく学習することを可能にする著作権法の現況にも焦点が当てられている。 文化庁文化審議会小委員会では、3月末までに対策を確定することを目標に、この問題を議論中だ。 日本新聞出版編集人協会などは、法改正などより強力な措置を求めている。

情報の発信者を明確に識別するデジタル技術である作成者プロファイルは、虚偽情報に対する効果的な対策と見なされます。

READ  ESRグループは、模範的なESG成果を認められ、2022 GRESB評価で優れた結果を達成しました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours