スポーツ

阪神フジナミは次回も先発起用開幕戦で1失点の好投 – プロ野球:日刊スポーツ

阪神中日力投する阪神先発フジナミ(撮影・上田宏)

<한신 9-1 중일> ◇28日◇甲子園

いよいよ先発で本格復帰ある。 阪神藤浪晋太郎投手(26)がブルペンデー中日戦(甲子園)で9月13日から選抜マウンドに上がって4回1失点で好投。 チームのコロナ災害の影響で中継ぎに配置転換された後、結果を積み重ねてきた豪腕に矢野明宏監督(51)は、次の先発起用を発表した。 阪神は床V野蛮の危機を耐え4連勝。 2位中日に1ゲーム差に迫った。

◇◇◇

約1カ月半ぶりに立った新品マウンドでフジナミは確実に成長の証拠を示した。 「やっぱり選抜したいという気持ちは私の中で強いので、ゲームの最初から投げることは久しぶりだったので良かったと思います。」 ピンチは突然やってきた。 最初の2死満塁で迎えた福田にカウント3-1から外側いっぱい158キロの直球を投げても判定はボール。 押し出し四球で苦笑したが、自分を納得させることを2回うなずき再びマウンドに。 続く危機でシエラウルカットボールに空振り三振になりました。

2回以降のランナーを出したのは、四球1度だけ。 「開幕戦」選抜で4回2安打1失点(自責0)6奪三振。 変化球でカウントを作成直球で空振りを奪った。 好投した右腕は、次の矢野監督は「先発で次も行こうかと思います」と述べた。 「スケールの大きな投手だから先発に投げというところが目指すところかと思う。」 進化した姿で期待した。

緊急配置転換が功を奏した。 先発では8月21日ヤクルト戦で692日ぶりに勝利したが、3試合連続5回未満の下車で9月14日登録抹消。 その後、9月下旬にチームのコロナ災害緊急上げる中継ぎとして13試合に登板した。 最近8試合連続無失点を続け、19日のヤクルト戦(甲子園)は球団最高速度162キロを表示します。 「より配球を考えたり感銘たか、そのような部分を中継ぎでいろいろ勉強することができている部分もありますので生きている部分はあると思います。」 プロ8年目に得られた大きな特性である。

この日は、フジナミの投手7人で継投。 V消滅がかかった試合で4勝目灯を消さなかった。 今回は「選抜・フジナミ」で勝利を – 。 「おそらくシーズン最後になると思いますが、良い形でオールシーズンにつながるように投げられた場合だと思います」と力強く意気込んだ。[기 아야노]

READ  広島森決勝打延長製紙ヤクルト連勝止まる/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close