トップニュース

阪神本部長リンゴ “ミスジャッジ」外食認めルール逸脱 – プロ野球:日刊スポーツ

ヤクルトの阪神戦に敗れ引き揚げ矢野監督(撮影・清水貴仁)

<야쿠르트 6-3 한신> ◇25日◇神宮

阪神谷修球団副社長兼本部長(55)は、ヤクルトの前後複数新型コロナウイルス感染者が出たことについて、オンラインでの取材に応じて、最初に「プロ野球界の関係者の皆さん、ジャーナリストの皆さん、保健所の皆さん、何よりもファンの皆さんに大きな心配をかけリンを本当に申し訳なく思っています」と謝罪した。

今回は名古屋遠征中の19日二飲み会に参加したメンバーから多くの感染者が出た。 感染経路の特定については、保健所の管轄のために自分から出てくるのは、適切ではないとした後、パスは「はっきりしていないと思います。ただ、飲み会が原因であると推測がつく結果されているところでございます」と言った。

球団指定日外食時には個室限定で人員は4人まで、2時間程度の制限をマスク必着食事の前後手洗い・うがい、手の消毒を規則的に設けた。 しかし、一つの外食は、8人で行われた4人までという球団のルールから逸脱している。 この件については、「非常にヨーヨーし事態」とした。 ちょうど「4人の飲み会でも同様の反応が出ている」ので、球団指定の日付に外食を認めたことなど「私の判断ミス審判だった反省しています」と受け入れた。 9月球団指定日は19日、一日だけ。 それにもかかわらず、感染者が出た。 3月にフジナミが感染した場合にも集団による飲み会で感染が広がる可能性を指摘した。 今後の対応について、「首都圏遠征では認められていない。首都圏以外は必要最小限認めてきた。今後は飲み会自体を再検討する必要がある」と言及した。

また、クラスタの認証に関しては、「保健所管轄ですが(相談およびレポートで)クラスタという話が出てきてません」と説明した。

READ  米国プローブ、小惑星の石のとれた〜! ?着陸写真公開 - 毎日の新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close