スポーツ

阪神能美「まさか大山まで泣いては、「一問一答 – プロ野球:日刊スポーツ

今季を最後に退団する阪神能見篤史投手(41)が最終戦9回に登板し、最後投球を飾った。 選抜藤浪晋太郎投手(26)の4投手が無失点リレーにつながる最後の舞台を飾った。

以下、阪神ノミの一問一答。

– どのような一日だった

そうですね。 16年は本当にお世話になった球団には本当に感謝ししかないところでの最後のマウンドで。 なぜか楽しかったか、半分ドキドキしながら、まさか1-0に戻ってくると思っていなかったので、その両方を組み合わせて投げました。

– 先発フジナミ開始良い流れに戻ってきた。後輩たちのピッチングはどう考えているか

信頼して見るだけだったので、その実施を与えた馬場もそうですし、(伊藤)一夫もそうですし、もちろん買っ(岩貞)もそうだが、なんとか接続してくれ。 8回にまさか点を持っているという最高のにもかかわらず、緊張感は素晴らしい増加した。

– 今日の投球を振り返って

感謝の気持ちという点でファンの方もそうで、もちろん球団もそうですし、そのような考えを心にしまいながら何とか良い姿で最後のお見せしようと思って、そんな感じで上がりました。

– ワイドアップ投げた

これは、すでに決定したので。 恩返しというか、元のですが、TVとか映る姿​​もそこをアップで撮ってくれたり、とか言うのもねすごくあって、何とかそれを実現しようと思った。 9回りにしたので、そういう意味では、ランナーのないところで投げられる。

– 最速149キロだった

少し上に出てヒヤヒヤですが、なんとか運良く併殺たので、もう一度上げすることができなという最後は楽しく観覧しました。

– 試合よりも終わった。その瞬間は

さて。 まあ、終わったなという感じもあまりしていなくて。 ちょっと休んで練習出てくるのだろうかな、そんな感じであるのですが、今後少しですが、そういうことも徐々に感じていると思います。 本当にファンの方もそうで、やはり感謝しかないと思います。

– ウメノグァ岩貞目が潤んでいるように見えた

いや、まさか大山まで泣いているとは思わなかった(笑)。 ウめもマウンドに来たときからすでに泣いていたので嬉しいと思いながら。

– その後、グラウンド1週間

脱退形態であるが、そのように良い気分で場所を作ってくれたのでありがたかった。

– 阪神で16年を振り返って

つらい時が多いが、それでも16年の間に生じたのは、なかなか想像しなかったですが、その中でもファンの方々の力であるか、とかは非常に力になったことはあったした。 16年間、複数の捕手として受け入れてもらったので、それはなかなかできないことだと思う。 長い間していないと、複数の捕手受けてくれない。 最も財産かなと。

– 最後直球で三振。未来につながる直球に把握する必要がいい

私はその考えに投げたんです。 フォークで空振りを取ろうと思ってたのですが、バットに正しく合っていたので。 結果的に良かったです。

– まだ投げ続けたいですか?

はい。 ご覧のように健康で。 まだもう少し納得するまでしたい。

– チーム最古参で若い投手に言いたいことは、

後悔せずにしてもらうのが一番であり、16年間お世話になりましたが、短いもので、しっかりと電力がある間と、すぐに終わってしまうので、一日一日を後悔せずにしてほしいと思います。

– 仲間が試合前にノミTシャツを着て記念撮影があり、

野球選手の次のだったから、もうバレエで。 逆に先に行って太郎と思う。 先に行って、すべての待ち構えよかと。 そんな感じだったので。

– 嫌いだった抑制マウンド

抑制しまう。 偶然。 まあ、まさかそんなところに回してくれるとは。

– 舞台が用意されたのも運命は

どうでしょうか。 まあでも、このような戻り合わせて。 なぜ大阪ガス燃焼したチカ(筋が)が正常に打って先輩に返しとんでもない圧力を与えた。 良いをめぐって合わせてもあったし、実際に球場のファンの方々がそのようなことを取り出したかなと思います。

– 岩貞に賞金ボールを渡した

“ポサダが7勝目ので、しっかり伝えしようとしたところ、1回拒否されたため。私のために服用しなければなりませという感じだったので。

– 最後に渡すか

はい。 私の意志と。

(最後に)

引退はないから。

READ  アルファロメオ、ザウバーのF1パートナーシップを2021年末まで延長[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close