スポーツ

阪神高橋「欲」脱退ノミのアドバイスに菅野の投げ勝つ – プロ野球:日刊スポーツ

巨人の阪神6回1失点5勝目を挙げた高橋(撮影・前田充)

<거인 1-2 한신> ◇24日◇東京ドーム

闘魂展開V消滅阻止である。 阪神高橋遥人投手(24)がシーズン2戦2敗だった巨人菅野に投げ、お互いに三番目正直にした。 6回4安打1失点で粘りの投球で5勝目。 今季を最後に退団する能見篤史投手(41)下げた格言を力に変えた。 負ける引き分けで優勝の可能性が完全に消滅した崖。 オールシーズンチーム4戦4敗菅野に対して厳しい戦いが予想されたが、同点の7回に代打原口文仁捕手(28)が決勝打を放つなどナイン意志を結集した。

◇◇◇

マウンドを降りた後も高橋はベンチスタジアムで戦う仲間を見つめていた。 「やっぱり勝つことが最も重要である。自分に勝ち、のようなものではなく、チームが勝利投手ができていなかったので。勝利ということを一度、より欲になり、そのような気持ちで行きました。 ” 巨人菅野が3回を完全に抑制したのに対し、初回からランナーを背負っ上昇。 それでも耐え耐え、最終的に勝利を手に入れたのは高橋だった。

1-0 6回、先頭菅野塁打で同点となった。 崩れてもおかしくない展開にはまだ1死1塁でサカモトウルツーシームでミノーに捕まえて併殺。 6回1失点で手に入れた5勝チェウン菅野とのシーズン3番目投げ、お互いにとった初勝利でもあった。 「勝つことができるというか、(味方が)親くれたので、本当に菅野さんより早く降りていると」 自分の投球に満足ではないが、負ける引き分けで15年連続V逸が決まった日前。 矢野監督も「自分にいい。最後にようやく仕事をしたが、1点で耐えることができたのは、 “と日本を代表するエース投げ勝っ左腕を評価した。

自己最短タイ4回3失点で鋼板13日の中日戦で登板機会を一度飛ばし調整します。 中10日巨人戦のマウンドに行く前日23日、今シーズンを最後に退団が決まった飲みからのアドバイスを抱いた。 「難しいところを突くタイプはそこを意識する。打者に認識させることが重要である。」 41歳のベテランのような左腕に追い続けてきた存在。 幼い時から飲みの映像を見続けると阪神入団後、その一挙手一投足を見て学んできた。 話ややもすると自認する高橋のノミで馬に来ていろいろなことを教えてくれたという。 「昨日もそんな話を与え勉強させてくれていると、今日、多分昨日言った受け取ったことが良かったのかと。」 同じチームで戦うために時間がもう少し。 一緒に過ごす時間の両方が飛躍的に財産になる。[기 아야노]

READ  藤川演説松坂に「目標にいてくれてありがとう」 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close