防弾少年団、レイと時代の海外歌手初の日本オリコンランキング1位

Estimated read time 1 min read

2021年4月21日に発表された日本大型レコード会社オリコン・レイと時代総合ランキングで防弾少年団がアーティスト売上部門1位を占めた。

防弾少年団はレイと時代の外国人アーティストで初めてオリコンランキング1位に上がる歴史を書いた。 写真: ジョーダン・ストラウス/Invision/AP)

このマイルストーンは、ひらがな「REIWA」の上の席が日本に来た外国のアーティストによってのみ占められた最初の記録でした。

HTはいつでもどこでもクリケットをキャッチできるワンストップの目的地であるCrick-itを発売します。 今探検してください!

所属事務所ビッグヒットミュージックは4月21日、この成果を発表した。

海外アーティストが総合順位1位を占めたのは2019年5月、レイと時代が始まって以来初めてだ。

順位は2019年5月から今年1月までシングル、アルバム、ミュージックDVD、ブルーレイ、デジタルシングル、アルバム、ストリーミング基準の総販売量を基準に決定された。

また読んでください。 怒ったBTSアミ、誰が「HYBE」を作ったという主張についてK-Mediaに謝罪要求

これらすべての形式に対する防弾少年団の支配力は大きく貢献しました。 具体的には、これらの売上は主にアルバム(36.6%)によって主導され、音楽DVDとブルーレイ(33.8%)がその後に続いた。 ストリーミングは全体の売上の25%を占めました。

防弾少年団は海外アーティストのうち8部門で1位を占めた。 これには、シングル、アルバム、個々のフォーマット、ストリーミングの組み合わせが含まれます。

彼らの記録的なアルバム「BTS、THE BEST」は105万枚以上の販売高を記録し、レイと時代に日本でミリオンセラーを達成した唯一の海外アーティストアルバムとなりました。

国際アーティストのための米国ビザ手数料の引き上げ

Kポップの爆発的なグローバル人気が世界ツアーを完売する状況が発生しましたが、最近、米国政府の決定はこれらの夢のコンサートに影響を与える可能性があります。

国際アーティストのビザ取得費用は実際に4倍も急騰しました。 2025年が近づき、ハイブ(HYBE)など主要Kポップ企画会社は防弾少年団(BTS)、ニュージンズ(NewJeans)、セブンティーン(Seventeen)などアーティストたちのワールドツアーカムバックを準備している。 そして、ビザ手数料の引き上げにより、ファンが苦労する可能性があります。

また読んでください。 危険なK-popツアー:アメリカは国際アーティストのビザ手数料を4倍に増やしています。 防弾少年団はもう対価を払わなければならないだろう…。

4月1日から、米国市民権および移民局(USCIS)は、アメリカツアーを希望するミュージシャンのビザ費用を250%引き上げました。 たとえば、4人のメンバーで構成される標準ロックバンドのビザ手数料は、$ 1,840から約$ 6,760に急上昇する可能性があります。 さらに、標準の承認時間を待つ余裕がない人のために、USCISは申請あたり$ 2,805の手数料で迅速な処理オプションを提供します。

あなたはクリケット愛好家ですか? 毎日HTクリケットクイズに参加し、iPhone 15とボートスマートウォッチを獲得する機会を得ます。 今すぐ参加するにはここをクリックしてください。

Hindustan Timesの最新のエンターテイメントニュースとともに、ボリウッド、ハリウッド、音楽、ウェブシリーズの追加アップデートを入手してください。

READ  「Fallout」×noblechairsコラボのゲーマー向けの椅子は、今日発売。 Vault Boyがにっこり微笑む「Vault-Tec Edition "
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours