防弾少年団Vの初のソロアルバム「Layover」がイギリス、日本など全地域のiTunes 100回目の1位記録を立てた。

1 min read

防弾少年団Vが最初のアルバム「Layover」で多くの期待を集めたソロデビューをした。 合計6トラックで構成された今回の正規アルバムは数ヶ月間国内各種音源チャートを席巻した。 同時に該当アルバムはグローバルチャートとストリーミングプラットフォームも席巻した。 7ヶ月後、LayoverはiTunesで別の成果を上げました。

防弾少年団Vのレイオーバー(Layover)が全世界100カ国のiTunesを掌握した。

3日のアップデートによると、Vの「Layover」は全世界100カ国のiTunesチャート1位に上がった。 その地域には、イギリス、日本、オーストラリア、インド、コロンビア、ドイツ、インドネシア、デンマーク、ニュージーランド、オランダ、シンガポール、スペインなどがあります。

今回のチャートバスターアルバムを通じて防弾少年団のボーカリストはKポップ領域で前例のない成功の基準を立てている。

Vの最初のソロアルバムLayoverについてもっと知る

2023年9月8日に発売されたVのLayoverには、リードSlow Dancingとピアノバージョン、B-side Rainy Days、Love Me Again、Blue、およびFor Usを含む6つのトラックが含まれています。 すべての曲には、YouTubeで印象的な視聴回数を記録した息をのむようなミュージックビデオが付属しています。

「ラブ・ミー・アゲイン(Love Me Again)」は9400万ビューで最高視聴数を記録し、タイトル曲「スローダンシング(Slow Dancing)」はすでに5300万ビューを突破した。

今回のアルバムは一言でソロ活動と防弾少年団との旅程の間を行き来するアーティストの短い滞在を意味する。 Lo-Fiコーヒーショップ音楽で構成されたLayoverは、Vの明るい2つの道を結ぶ橋として機能します。

この休憩の間、彼は歌手の内面を捉え、彼のすべての感情を込めた曲を書きます。

巧妙なメロディーで構成されたタイトル曲で、Vは「恋人」に自分を一人置かず、曲に合わせてゆっくりと一緒に踊ってみようと要請する。 比喩的に言えば、ゆっくりと自分の感情を再評価するのと同じです。

ムーディーなジャズベースの曲「Rainy Days」は、防弾少年団のメンバーが降り注ぐ天気に思い出がよみがえりながら、「ロマンチックなパートナー」と一緒に過ぎた時代を回想する内容を盛り込んでいる。

Love Me Againは、Vが元恋人に戻って愛してもらうようにサビを唱えるスローバラード曲だ。 Blueでは尊敬する人に歌を歌うが、その人は疲れた魂だ。 だから彼は彼女を励ます方法を見つけます。

最後のトラックであるFor UsはRnBトラックで、愛する人と再会するためにすべてをあきらめる方法について話します。

READ  企業は日本でテストされたインフラゲームの知的財産権訴訟に直面しています
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours