世界

陰謀集団「Qアノン」が勢力を伸ばしトランプを支持処理規制被害(1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事の詳細

陰謀集団「Qアノン」が勢力を伸ばしトランプを支持処理規制脱出
(1/2ページ)

【ニューヨーク=上塚まゆワシントン=黒瀬悦成】過激な陰謀論を提起するアメリカ生まれの集団「Qアノン」と主張し、インターネットを介して拡散し、ソーシャルメディア企業が規制強化に乗り出している。 根拠のない陰謀論はいつの時代にも存在してきたが、カード米大統領を熱烈に支持するQアノンヌン新型コロナウイルスの社会不安に乗じ勢力を拡大した。 発信方法を多様化して境界を突き抜けている。

トランプ自分は15日、南フロリダで開かれたNBCテレビ主催の対話集会でQアノンの主張を否定することを拒否します。 8月にもQアノン信者たちに対して、「よく分からないが、私のことを好きで、米国を愛する人々」と、比較的積極的な態度を見せた。 11月の大統領選挙で劣勢を強いられる中、勢力を伸ばしQアノン信者の支持を継続接続しようとする意図が見え隠れする。

米メディアによると、Qアノンがインターネットに出現したのは2017年秋頃。 正体不明の「Q」というニックネームでインターネット掲示板に書き、それを支持する人がQアノンに集団を形成する。 アノンヌンアノニマス(匿名性)の略である。

彼らによると、民主党の大物議員と財界の有力者が「ディープ・ステート」(影の政府)を支配して国際児童買春等の犯罪に関与していると主張している。 トランプは、その影の政府を暴露するために選定された救世主として崇められている。

事実無根の陰謀を流布が、Qアノンフォロワー通底することは重要なメディアとエリートの反発である。

米国ロサンゼルスに住んでいるラッパーニックニトリさん(32)もその一人。 日頃から「月面着陸はなかった」などの陰謀論に興味があったが、Qアノン知っ没頭した。 毎日4〜5時間を費やして、インターネット上で陰謀論を検索しています。 ニトリさんは「トランプはエリート層や主要メディアに反対しているので、信用することができる。トランプは、児童売春を目的とした人身売買組織を防止してくれる存在だ」と語った。




関連ニュース

READ  真似れた場合、人間関係の悩みが吹き飛ぶ「100点満点に賞賛する方法」例文20〜100点の4つの「賞賛する方法」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close