スポーツ

陸上世界選手権候補のうち、東京国立競技場

東京 – 昨年のオリンピックのために日本政府が建設した14億ドル規模の東京国立競技場が、今後の陸上世界選手権大会の場とされています。

世界陸上競技連盟(World Athletics)監督団は、水曜日の小池百合子東京都知事に会い、木曜日の競技場を見学する予定だった。

2021年にオリンピックのために延期された次期世界選手権大会は来る7月オレゴンジュユージンで行われる。 2023年にはハンガリーのブダペストで開催される予定です。

東京は2025年に最も好ましい都市と見なされます。 その選択は7月に予想されます。 2027年の開催地もまだ決まっていない。

視察団長のアンティ・ピラコスキーは東京を称賛したが、彼と小池は東京都庁で簡単な写真撮影の機会を持っていたときには何の質問もしなかった。

Pihlakoskiは、World Athleticsが2025年に4人の候補者を持っていると述べました。 彼は彼らの名前を明らかにしませんでしたが、彼らは東京であると報告されました。 ケニアナイロビ。 シンガポール; そしてポーランドの場所。

「私は世界で組織できる他の都市がないと信じています。 [Olympic] Pihlakoskiは、「COVID期間中に大会を開催し、とても素敵なことをしました。そして、すべてのスポーツ界はあなたに深く感謝します」と言いました。

世界の陸上責任者であるSebastian Coeは、昨年日本で選手権大会を都市に持ちたいと言いました。 鼻は今回東京にいないことが分かった。 World Athleticsの多くのスポンサー取引は、日本の巨大な広告や宣伝会社であるDentsu Inc.を通じて仲介されます。

World Athleticsの上位4つのスポンサーのうち3つは日本ベースの会社です。 スポーツウェアメーカーAsics、時計メーカーSeiko、日本電子会社TDKです。 もう一つはカタール国立銀行です。

Dentsuは、東京オリンピックのために30億ドル以上の地元スポンサーを設けた主要なドライバーであり、日本のビジネス、政治、メディアの分野で強力な役割を果たしています。 電通の影響力の大半はスポーツマーケティングや放送権関連問題の取り扱いにあります。

1991年には東京が、2007年には大阪が世界選手権大会を開催しました。 Koikeは1991年の選手権大会とCarl Lewisの100メートル走る世界記録9秒86を思い出しました。

小池は「彼の圧倒的なランニングは、東京と日本のすべての住民にまだ生き生きしている。私もその時代をはっきり覚えている」と話した。

2回のオリンピック1,500m金メダリストであり、元イギリス議会議員のCoeは、それ自体で強力な選手であり、トーマスバッハ国際オリンピック委員会委員長の後継者とみなされています。 バッハの任期は2025年までだ。

日本の都市札幌も2030年冬季オリンピック開催地として有力な都市です。 ソルトレイクシティ、バンクーバーと競争している。

IOCは、インドムンバイで開催される会議で2023年5月冬季オリンピック開催地を確定する予定だ。 また、二重受賞を行い、2034年開催都市の名前を指定することもできます。

READ  キューバと日本、スポーツ協力関係を強化

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close