隕石で天体物理学モデルに挑戦する前例のない発見

Estimated read time 1 min read

研究者たちは、太陽ではなく星によって形成された隕石からまれな塵の粒子を発見しました。 高度な原子プローブ断層撮影を使用して、粒子の固有マグネシウム同位体比を分析し、新しく同定された種類の水素燃焼超新星に由来することを見出した。 この画期的な発展は、宇宙事件と星の形成についてのより深い洞察を提供します。 クレジット: SciTechDaily.com

科学者たちが水素燃焼超新星に由来することを示す前例のないマグネシウム同位体比を有する隕石粒子を発見しました。

太陽ではなく星によって形成された古代のエイリアン隕石に閉じ込められた珍しいダスト粒子が研究を通して発見されました。

この発見は、Curtin Universityで博士課程を行っている間、主要な著者であるNicole Nevill博士と同僚​​が行われました。 NASAジョンソン宇宙センター。

隕石と全太陽の穀物

隕石は主に太陽系で形成された材料で構成されており、太陽の前に生まれた星に由来する小さな粒子を含むこともあります。

太陽光発電粒子として知られているこの粒子が異なる星の遺物であるという手がかりは、粒子内のさまざまな種類の元素を分析することによって発見されます。

革新的な分析技術

ネビル博士は次の技術を使用した。 原子 粒子を分析し、原子規模で化学を再構成し、内部に隠された情報に近づくプローブ断層撮影。

ネビル博士は「これらの粒子は天体のタイムカプセルと同じで、母項性の一生のスナップショットを提供する」と述べた。

「私たちの太陽系で生成された物質は、予測可能な同位体比、すなわち中性子の数が異なる元素の変種を持っています。 私たちが分析した粒子は、私たちの太陽系のどれとも区別されるマグネシウム同位体比を持っています。

「結果は文字通りチャートから外れました。 太陽光発電粒子に関する以前の研究では、最も極端なマグネシウム同位体比は約1,200でした。 私たちの研究では、穀物の価値は3,025で、これまでに発見されたものの中で最も高いです。

「この例外的に高い同位体比は、最近発見された種類の星、すなわち水素燃焼超新星の形成としてのみ説明できます。」

天体物理学の画期的な発展

共同著者であるCurtinのJohn de LaeterセンターのDavid Saxey博士は、今回の研究が分析技術と天体物理学モデルの境界を広げ、宇宙を理解する方法に新しい地平を開いたと述べた。

Saxey博士は、「原子探査機は、以前の研究ではアクセスできなかった完全なレベルの詳細を提供しました」と述べた。

「水素燃焼超新星は、私たちが小さなほこり粒子を分析していたときに最近発見された一種の星です。 今回の研究では、原子探査機を使用すると、これらの星がどのように形成されたかを理解するのに役立つ新しい次元の詳細を得ることができます。

研究結果を宇宙現象と結びつける

共同著者であるCurtin大学地区と惑星科学大学のPhil Bland教授は、隕石の希少粒子研究から得られた新しい発見によって、私たちは太陽系を超えた宇宙事件についての洞察を得ることができると述べた。

「研究室で原子規模で測定した結果を最近発見されたタイプの星と結び付けることができるのは本当に驚くべきことです」

「というタイトルの研究原子規模元素と同位元素の調査 25H燃焼超新星から出るMgが豊富なスターダスト」 に出版されました。 天体物理学ジャーナル

注:「原子規模元素と同位体の調査 25H燃焼超新星のMgが豊富なスターダスト」 天体物理学ジャーナル
DOI: 10.3847/1538-4357/ad2996

READ  「生命の可能性がある星」は、銀河の数がありますか?|ナショナルジオ| NIKKEI STYLE
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours