世界

隠されたカードを、今回も付けたように/パックンの目 – 社会:日刊スポーツ

パックンマトクンのパックンことパトリックハーラン(16年11月2日)

米国大統領選挙について、米国の世論調査のほとんどは、直前までバイデン氏の優勢、トランプの劣勢を伝えてきたが、投開票が始まると異例大接戦となった。 民主党ヒラリー・クリントンが優勢で、実際に票数で勝利し獲得した選挙人団数でトランプに敗れ去る16年の大統領選挙と同様の展開されている。 世論調査でさえ覆すトランプ選挙力。 パックンことパトリックハーランは支持「カロリーの違い」を指摘する。

◇◇◇

米国出身のタレントパックンことパトリックハーラン(49)前回の反省から世論調査会社は、調査の精度を高めたと言っていたが、隠されたカードを、今回も付け絶えなかった。 今年の反省会も明らか増えると思います。

トランプ支持者とバイデン支持の温度差がよく分かった選挙です。 トランプ支持者は、暑いです。 熱狂しています。 コロナに感染するかもしれないが、並んでも仕事を休んでも投票所がいくら遠くても足を移す。 バイデンはとても良い人だと思うが、どうしてもバイデンに印をしようとする人に会ったことがない。 カリスマの違い積極的な支持者と受動的な支持者の違いがいくつかのポイントの差れ表示されると思います。

残る激戦州で共和党が強いアリゾナ州バイデンがかかったとしても、バイデン勝つ可能性は、すでに10%は少ししかないと思う。 バイデンは故郷ペンシルバニアスクラントンでカードになっています。 2000年の大統領選挙でテネシー州でなるゴアが、最終的に勝てなかったように、現地でてしまえばなりません。

2次TV討論でバイデンは、石油産業の転換に言及した。 クリーンエネルギーへの転換は、大統領候補として当然だと思いますが、今回はカードに「大変な発言だ。彼は石油産業好感だ」と反撃のきっかけを与えた。 絶対取らなければならないペンシルベニア州の流れを変える発言しました。 マルヘヤグァ後残る言葉になると思います。

◆パックンパトリックハーラン。 1970年、米国コロラド州で生まれた。 ハーバード大学。 「パックンマトクン」として活動する一方、米国の大統領選挙ウオトチャ措置としてメディアに登場している。 著書に「大統領の演説」など。

READ  ぐっすり眠れるしなくても大きな違い不眠症と睡眠不足の壁| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close