エンターテインメント

難しいゲームがたくさん勝ったので、練習が実りました:Sara Saito

10月から、日本のテニス選手Sara Saitoは最高の競技力を見せています。 最近、クロアチアと今週初め、プネーで行われたITFジュニア3年生U-18テニス選手権大会でダブルクラウンをした15歳の少女は、自身のキャリアトップランキングである174を達成しました。

水曜日、Aryan Pumpsアジアのジュニアテニス選手権の32試合で、Saitoは地元選手Sonal Patilに対して強力な競争相手であることを証明しました。 6-2、6-4の一方的な勝利で、斉藤は8強進出を確定しました。

マハラシュトラ州立草テニス協会が組織した試合は、デカンジムカナテニスコートで行われました。

パティルは最初のゲームで勝利した後にアカウントを開いたが、残りの試合はサイトに有利に戻った。 「私の相手(パチル)を演じるのは、彼女が長い間ラリーをやっていたので大変だった。 私はストロークで多くの主導権を握ることができます。 ネットでたくさん走れるので簡単に勝点を得ることができる」と話した。

過去4年間で松田隼人監督の下で訓練を受けた斎藤はバックハンド開発に強みがあるが、業務領域はメンタル的だと述べた。

Saitoはまた、彼女のコーチが時期的なアドバイスを通して彼女がより良いパフォーマンスを生み出すのを助けることを認めました。 「ファンデミックの時は試合が多くなく、練習だけして大変だった。 大会終了後、自宅で試合感覚を得ました。 10月から難しい試合をたくさん勝って練習した結果が出てとても嬉しいです。」

彼女の故郷について、Saitoはテニスが日本で人気のあるスポーツですが、野球、柔道、サッカーに比べて不足していると言いました。 しかし、彼女の11歳の妹もラケットを拾いました。 アジアのジュニアテニス選手権大会の後、サイトはオーストラリアのオープンジュニア選手権大会で活躍すると述べた。

韓国のシンウビン、カザフスタンのマックス・バチュテンコ、インドのニシャント・ダバス、アマン・ダヒヤ、チラグ・ドゥハン、デニム・ヤダブ、サヘブ・ソディ、ユバン・ナンダルも8強に上がった。

一方、インドのShruti Ahlawat、Suhitha Maruriは、カザフスタンのAruzhan Sagandikova、Sandugash Kenzhibayeva、Zhanel Rustemova、台北のYu-Yun Li、日本のHayu Kinoshitaと共に8強に進出しました。

READ  日本「ドライブマイカ」、ゴールデングローブ最優秀非英語圏映画賞受賞

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close