難民を嫌う日本、ロシア戦争後のウクライナ人歓迎

Estimated read time 1 min read

TOKYO(AP) – ドミトロ・レメスは、片側に傾いた放棄された残骸に変わったエレガントなオフィスとホテルをクリックして、建物の写真の前後に静かにノートパソコンを見せます。

崩壊する建物のひとつが、ウクライナ南部のミコライフにある彼の家のすぐ前にありました。

レメス(24歳)はジュンテンド大学で勉強する新生医師で、1年前ロシアとの戦争が始まって以来日本に移住した2,291人のウクライナ人の一人だ。

「それは言うまでもありません。主な目的は、すべてを破壊することです。彼らが戦う都市を見ると、都市は完全に破壊されました。」

「将来、誰も街に住んでいません。 だから何のために? なぜ? なぜこれは何ですか?」

彼の安全な場所への逃避物語は、亡命申請者に閉鎖することで有名な国では珍しい話です。

法務部によると、日本は2021年に主にアフリカ国家出身難民74人を受け入れた。 これは2,413人の志願者の1%未満です。

厳密に言えば、ウクライナ人は「難民」に分類されず、「避難民」と呼ばれます。 ウクライナ人を受け入れるシステムは、日本が全体的な難民政策を変えることなく動作します。 日本政府は、ロシアとの戦争でウクライナを支援する米国およびその他の西欧諸国との連帯を重ね表明した。

日本のウクライナ人を支援するお金の大部分は、モーターボートレースの収益を慈善活動に使用する非営利団体である日本財団から来ています。 日本財団は当初の旅行費、住宅、生活費など、ウクライナ人を支援するために50億円(3700万ドル)を寄付し、その後3年間で85億8000万円(6400万ドル)で金額を引き上げました。

これはロシアのウクライナ侵攻に対する1年前の反応からの最大の寄付金の1つであり、慈善団体を務めるヨーロッパの財団や企業だけでなく、Microsoftなどの米国の技術企業から現金およびサービスとして提供される他の主要な寄付もあります。 米国の非営利団体であるCandidが集計した個人的な寄付は、戦争の勃発から12億ドルが寄付されたことが分かりました。 比較のために、国連は、戦争に対する人道的対応に資金を提供するために、ほとんどの政府から34億ドルの約束または寄付を受けました。

1962年、政治家であり実業家である西川浩一が設立した日本財団は、現在日本に居住する1,921人のウクライナ人に援助を提供しています。 このグループは様々な国際賞を受賞しました。

組織は今、佐々川両一の息子である佐々川洋平が率いる。 ハンセン病退治、災難救護、障害者救護、各種奨学金など慈善事業を繰り広げ、「お互いに助け合う社会を成し遂げる」というモットーとして活動している。

日本難民協会で保護・援助を総括する新島綾子氏は、日本が難民地位を認める方式が世界基準に比べて非常に狭小し、手続きも厳しいと言う。

彼女の組織は国連難民高等弁務官室(UNHCR)と協力して日本の難民を助けます。

新島は、日本に住むことを希望する数十人の人々が現在ホームレスであると述べた。 10月にコロナウイルス感染症への入国制限が解除されたため、その数は増加すると予想されます。

新島は、ウクライナ人を含む日本で安全を求めるすべての人々を支持すると言い、「ウクライナ人に対する治療には明らかに大きな違いがあります」と述べました。

Remezは彼のサポートパッケージの内部操作に過度に興味がないようです。 彼はただ彼が受けた支援、特に大学と彼の教授、そして彼が学んでいるすべてのこと、毎日大学病院に行くことに感謝するだけです。

先日、彼はCTスキャンについて学びました。 ある日、彼はチームの唯一のウクライナ人である看護師、医師たちとリレーランニングレースに参加して楽しい時間を過ごした。

学業を続けることができる飛行機の表を含む全額授業料の機会は、彼がオンラインで見つけた唯一のオプションでした。 やっと日本だったと彼は笑顔で回想した。

そして彼は自分が幸運だと思います。 人々は親切です。 彼が迷子になると、人々は彼を助けるために出ます。

彼の妻オレクサンドラ・ホルブロワ(ヴァイオリニストであり、数年間付き合って戦争が始まる直前に結婚)も日本に入国したがジュンテンドーとは無関係な他のプログラムを通じて入国した。

彼らは今離れて住んでいますが、週末にはお互いを見ています。 彼女はチャリティーコンサートを開き、子供たちに音楽を教えます。 お金を十分に集めれば、子どもを持つ予定です。

Remezはまだ調理するのが好きですが、ラーメンと寿司を愛する方法を学びました。 彼のボルシーがおいしいと彼は誇りに思う。 彼は日本語を学んでいます。

医者になるのは人々を助けたかったので、常に彼の夢でした。 あなたが戦っているのが病気であることを除いて、それは犯罪を解決するのと同じ挑戦です。

彼は日本で一般診療に参入することを願っています。 ここにも役立つ人がいて、日本は自然災害に脆弱です。

「ご存知のように、私たちはまだお互いを殺すための新しい方法を見つけようとしています。 何千人もの命を奪うことができる災害があります。 なぜ我々はお互いを殺しているのですか? 愚かなことです」とRemezは言いました。

弁護士であり公務員である彼の父親は依然としてウクライナに住んでいる。 彼は到着前に職場が爆撃を受けたとき、15分前に死亡したことを逃しました。 彼の父は本当に勇敢だとRemezは言います。 彼は戦争が始まる直前に腎不全で母を失った。 彼は兄弟を持っていません。

Remezは宮崎駿のスタジオジブリのアニメ映画を見たが、侍、忍者、その他日本に過度に魅了された人は決してないと認めた。

最近、彼は日本とウクライナが共通点が多いという事実に驚いている。 世話をしたいという願望につながった個人主義の代わりに、彼は両国の平和なコミュニティの精神を感知します。

新年を迎えて近くの聖地を訪れたとき、そこでの生活の祝福は彼にウクライナの教会のイースターを思い出しました。

医師として、Remezはまた、放射線の影響を研究し治療する際に、国家間の医師間の歴史的関連性がどれほど深いかについて考えています。 チェルノブイリはウクライナで発生しました。 Remezは慎重に言った。

ウクライナの医師は、2011年に津波、地震、核災害以来、福島で助けました。 日本の医師たちは、1986年にチェルノブイリ惨事以来、子供たちに命を救うがん手術を施行しました。

彼は「原子力災害にあった唯一の二国は私たちだけだ。 「日本人は苦しんだ。 彼らは本当に助けたいと思います。」

___

影山ガラスツイッター https://twitter.com/yurikageyama

READ  阿蘇:台湾海峡で戦うと自衛隊が日本を守る可能性がある
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours