雨が降る前にベルスタフェンが一番早く日本の練習を台無しにした

Estimated read time 1 min read

マックス・ヴェルスタフェン(Max Verstappen)は、金曜日の日本グランプリの最初の練習で最も速いペースで走り、2回目のセッションは雨の影響を大きく受けました。 前のオーストラリアでレースを完了できなかったトリプルワールドチャンピオンのVerstappenは、レッドブルチームの仲間であるSergio Perezに勝った。 鈴鹿で開かれた最初のセッションでは、乾燥した環境で行われました。 しかし、後で5人のドライバーだけがオンオフシャワーでタイムアウトラップを記録し、McLarenのOscar PiatriがMercedesのLewis Hamiltonよりも早く先行するのは別の話でした。 チームが厳しい条件でタイヤを保護するために努力している間、ガレージにとどまったドライバーのいくつかでした.「FP2では何もできませんでした.一般的に、誰もが昨年に比べて少し近づいているようで、私は予想しません。 Verstappenはシーズンの最初の2つのグランプリで優勝しましたが、ブレーキの問題のため、2年ぶりにメルボルンで初めてレースから退きました。 最初の練習では、通常のサービスが再開されました。 WilliamsドライバーLogan Sargeantがタイヤの壁に衝突してから約10分間危険信号が発生したセッション。 VerstappenはPerezより0.181秒早い1分30.056秒の最速のラップを記録しました。 ベルスタフェンは「明日見たいものがいくつかありますが、全体的に私たちが持っていたものとラップに非常に満足していた」と話した。 虫垂炎の手術を受けて戻ってきた後、オーストラリアで優勝したフェラーリのカルロス・サインズは1分30秒269秒で3番目に速かった。 ジョージ・ラッセルが4番目に速く、メルセデスチームの同僚であるルイス・ハミルトンが後に続いた。 フェラーリのシャルル・ルクレルが6位に戻った。 シーズン初め、大変な時間を過ごしたハミルトンは「素晴らしい試合だった」と語った。 7回ワールドチャンピオンを占めた彼は、「今年私たちにとって最高のセッションであり、自動車が感じた最高のセッションでした」と話しました。 「FP2への道はとてもポジティブでエキサイティングでした。すべてのドライバーは運転が大好きです。」と言って、あまり走れなかったのは残念でした。 0.501秒を記録し、1位を獲得した。ハミルトンを抜いた。何も起こりませんでしたが、私はラップを記録することができました。 昨年のレースで3位を占めたPiastriは、「大変な一日だったと思います。 全員のスピードを把握するのは難しい」ぶつかる前に小石を打った。だから、基本的に彼は自分がどこにいるのかよく認識していないようです」とVowlesは言いました。

READ  スキージャンプワールドカップ、2004年以来初のアメリカ復帰
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours