News

電子タバコは、なぜ人気なのか?

健康志向の上昇とともに人気が上がり続けている電子タバコ。最近では、禁煙目的だけでなく手にする喫煙愛好家が増えています。早速、その人気の秘密を覗いてみましょう!

電子タバコ人気急上昇のワケ

年々、人気が上がり続けている電子タバコ(VAPE)。2003年に原型となる製品が登場し、執筆時点で、12機種の加熱式タバコが日本で販売されています。禁煙目的で導入されたこの愛煙具は、それを超えて人気を集めてきました。

電子タバコの煙は嫌なタバコ臭さがないので、衣服などにも匂いがつかず、また周りの人々を不快にさせることが極小であることも、その理由から外せません。

おしゃれな海外ブランドでも、電子タバコ ニコチンなしを見かけるようになりました。スターターキットも揃えられ、また、フレーバーのバラエティも増えて、ますます人気上昇中です!

そもそも電子タバコとは?

電子タバコとは、液体(リキッド)を加熱し、霧化させて喫煙する器具で、日本の法律により、ニコチン入り電子タバコの販売は国内で禁止されています。禁煙の規制が厳しい海外では、「ヴェポライザー(Vaporizer)」や「ヴェイプ(vape)」などと呼ばれ、日本以上に普及しています。

電子タバコの種類

電子タバコは、以下のタイプに分けられます。

  • リキッド式: フレーバー付きのリキッドを入れて使う
  • カートリッジ式:本体に専用カートリッジを取りつけて使う
  • POD式:使い捨てのカプセル型カートリッジを使う
  • 使い捨て式電子タバコ:使い切りタイプ

進化を続ける電子タバコ。喫煙者でなくとも気になる存在ですね!

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close