Tech

電子ペーパーは、最終的カラーに! PocketBook Colorレビュー| ギズモ・ジャパン

完成形でなくても、大きな進化のステップです。

iPadが生まれても、誰もが5インチとか6インチのスマートフォンを持つようにされてもE Ink(電子ペーパー)の電子書籍リーダーは、生きてきました。 ただ生きだけでなく、しっかりと進化もしてきました。 そして2020年、ついにPocketBook ColorとHisense A5CなどカラーE Inkディスプレイ搭載製品が誕生しました。 すべての第1世代の製品がそうであるように、この新しいデバイスは、完全であるとは言い難いのですが、いつかはE Inkのリーダーが液晶タブレットの対抗馬が行くかも…期待を抱かせてくれたです。

E Inkの技術は、液晶や有機ELは根本的に別物そして、そこにはAmazon KindleやRakuten Koboの需要を守り維持だけの利点がありました。バッテリーの寿命は恐ろしく長い直射日光の下でもよく読み取ることができます。 ビーチで読書する場合断然iPadなくE Inkのリーダーです。 しかし、E Ink不便なところもいくつかのあり、その第一のものが、「モノクロのみ見ることができる “ことでした。 いくつかの企業がカラー表示方法を開発してきており、例えば、Qualcommは、2012年に蝶の羽からインスピレーションされたMirasolディスプレイというものを出しましたが、少し出てきただけですぐに消えてしまいました。

電子ペーパーにもいろいろありますが、その最大のE Inkで現在販売されている電子書籍リーダーのほとんどで使用されています。 彼らは、過去数年のカラーE Inkディスプレイを出す出すましたが、2020年初めのCESでついにリリースは今年中だと発表した。 その宣言通り、今年5月には、カラーE Inkディスプレイを搭載したスマートフォン・Hisense A5Cが7月には、電子ブックリーダーPocketBook Color発売れました。 この記事では、Hisense A5Cもサラッと紹介しながら、主にPocketBook Colorレビューいきますね。

最初のカラーE Inkデバイスは、Hisense A5C

一番最初に発売したカラーE Inkデバイスは、Hisense A5Cでした。 E Inkのカラー画面Kaleidoの5.84インチ版を搭載したHisense A5C充電1回ない1日があるかどうかにSamsungやAppleのスマートフォンに半ように見えたりしました…スペックに。 なぜならHisense A5Cバッテリー容量は4,000mAhで、E Inkスクリーンを使用しているもので、充電1回で2週間(!)もあるんです。 ただカラーE Inkディスプレイと呼ばれる技術は、まだ完成しから遠くに、Hisense A5Cも本当に購入携帯してというよりは好奇心に触れてみたいかレベルがされてしまいました。

画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US
Hisenseによる世界初のE Inkディスプレイ搭載のスマートフォン。 しかし、カラーE Inkすごい数と電池所有くらいしか良いことはありません。

200906_coloreink3
画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US
搭載OSのAndroid 9には、ユーザー定義の機能が追加されてリフレッシュレート優先か画質優先か、または2つの動作モードがあります。

200906_coloreink4
画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US
ディスプレイの表面にツヤ層が、画面が暗い、または反射見えないことがあります。

200906_coloreink5
画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US
E Inkスクリーンでは、リフレッシュレートが高く、1300万画素のカメラで撮る写真は、ほぼリアルタイムでプレビューすることができます。

200906_coloreink6
画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US
しかし、Hisense A5Cで撮った写真は、カラーE Inkスクリーンできれいに見ることができません。 濃いピンクの花が含ま寂しいラベンダー色の…

Hisense A5Cは、プロセッサSnapdragon 439にRAMは4GB、OSはAndroid 9、全体的に覇気のない感じハードウェアです。 E Inkスクリーンは、直射日光の下でよく知っているのもすごいですが、リフレッシュレートはうんざり遅い。 画面の切り替え速度を優先Smooth Modeと画質を優先Clear Modeを切り替えることができますが、当然電子は画質が落ち、後者は何か操作して、画面の内容が変わると、すべてきれいに表示されるまでに時間がかかるため、どちらも異常がありません。 そして、E Inkスクリーンにむやみにツヤのある画面が載っていますが、そのせいで光が反射して色が移るてしまっています。

Hisense A5Cは3万円もしていないので、バカ高くないが、中国産なので、Androidスマートフォンだが、Google Play StoreとかChrome、MapなどのGoogleアプリケーションを使用することができません。 プリインストールされているアプリケーション以外(そのUIはほとんど中国語)を探していたと多くの障害物が、サードパーティのアプリストアもインストールしなければならないありません。 電子ペーパーのスマートフォンでは、他のより良いものがあり、Hisense自身もA5Cの上位バージョンとなるA5 PRO CCを出しています。 しかし、現在は、カラーE Inkの最高の経験をしたい場合は、より大きな電子書籍リーダーに解くのが賢明である。 そこで、ここでは、この記事の主題、PocketBook Colorレビューに入ります。

PocketBook色

200906_coloreink7
画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US

これは何ですか?:最初のカラーE Inkスクリーン搭載の電子書籍リーダー

価格:230ドル(約2万4000円)

好きなところ:バッテリー持ち良く、直射日光下での可読性のような電子ペーパー装置の利点がすべて含まれており、フルカラーである。

好きではないところ:照明に応じて色の彩度が異なりすぎる。 色を表示するときの解像度が落ちること。

カラー電子書籍読んだ新鮮な

Hisense A5Cは、カラーE Inkに失​​望したが、PocketBook Colorを使ってみ興奮が復活しました。 電子ブックリーダーとしてのPocketBookは、米国では非常に人気がありませんが、他の国では手頃な価格の多機能は、ほぼすべての電子書籍のファイルも読むことができるリーダーとして人気があります。

200906_coloreink8
PocketBook ColorのE Ink Kaleidoスクリーンは、明るい光の中でも、清潔で、特に直射日光が鮮明に見えます。 (Image:Andrew Liszewski – Gizmodo US)

PocketBook Colorは6インチE InkのカラースクリーンKaleidoが搭載されています。 E Inkスクリーン上のパネルや載っていないので、色が明るく鮮明で、Hisense A5Cとは全く異なります。 これまで15年モノクロだった電子ブックリーダーが色になる新鮮ているが、現在の状態の色精度は、液晶や有機ELとかに匹敵していません。 液晶は安いタブレットでも1600万色以上を再現することができますが、Kaleidoは4,096色しか出てこないように。 つまり、私たちが慣れているスマートフォンやタブレットに使われている色の約0.02%しか正しく表示されませんでした。

200906_coloreink9
画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US
カラー画像とテキストの解像度は100PPIに限定されているので、漫画を読んだときに、少しずつ拡大してパンや作業が必要です。

しかし、色精度低いのは、大きな問題ではありません。 PocketBook Color画面は6インチで白黒で見ているときの解像度は1,072 x 1,448ピクセルピクセル密度は300PPIハイエンドKindle Oasisのとおりです。 このスクリーン方式で、カラー写真やテキストを表示するときの解像度は100PPIまで低下してしまい、これは、エントリレベルのKindleの167PPIよりもはるかに低いです。

しかし、この仕様では、通常、本には、テキスト部分が300PPIで読み取ることができ、カラー画像や写真の解像度が低下するだけなので、そのように問題はありません。困難なのは、テキストを画像として保存されているPDFとか、漫画を読むときです。 今まで白黒の電子書籍リーダーで漫画を読む難しいと考えている人にはPocketBook Colorは、これまでとは全く異なる、良い経験です。 再現できる色は、少なくとも丁寧に見えます。 ただテキスト部分を読んだときに文字を大きくしていないことが難しいため、複数回拡大したり、パンしたりまきゃん。 さらに、PocketBook Colorプロセッサは1GHz、RAM、も1GBので、その動作が柔らかすぎじゃないですか。

直射日光が最もよく室内は逆に悲しげに

200906_coloreink10
画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US
PocketBook Colorは、LEDフロントライトも含まれていますが、他の電子書籍リーダーのような目に優しい暖かい色でできません。 これは、色再現を正確にするためにです。
200906_coloreink11
画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US
PocketBook Colorのフロントライトを使用すると、色があせる傾向があります。 最も見やすい明るい光の下、晴れた日の屋外とかです。

PocketBook Colorは調整可能なフロントライトが含まれていますがKobo Clara HAとかのように色温度を調整することができ、ではありません。フロントライトの色味は、常にクール少し青みがかった白そして、これにより、色再現の正確性を維持だ。 ただし、フロントライトを使用すると、色が移るてしまいます。 最もよい例スィウォトヌンフロントライトをオフにした状態で、明るい照明の下で見る特に晴れた日の屋外でした。 室内ならいくら明るくても、光源が画面に直接輝いているときのような彩度がされていない。

200906_coloreink12
画像:Andrew Liszewski / Gizmodo US
色は、限られたも表示自体はきれいですが、画面が小さくまた解像度も低くなるので、読みにくいです。

オルタナティブ電子書籍を好きに是非

個人的には、E Inkスクリーン雑誌とか漫画を読んで合っていると思いますが、6インチのスクリーンPocketBook Colorはそうもありません。 10インチとかタブレットサイズの電子書籍リーダーの方がはるかに良いと思います。 とPocketBook Colorは誰のためのものか? Amazonや楽天のオンライン書店では、まだそのように買い入れなくて、代替場所で読み物を見つけてくるのが好きな人はPocketBook Colorすぐに考慮することができるだろう。 電子書籍・文書・画像フォーマット21種類に対応しており、ポッドキャストやオーディオブックを聴く人は、オーディオファイル、MP3、にも対応しています。 microUSBまたはBluetoothイヤホンも使用することができます。

PDFとか漫画は見るのが難しいが、インターフェイスはぱりっとしジェスチャーやボタンの電子ブックの操作も速いです。 基本的なWebブラウザや計算機、RSSリーダー、基本的な絵を描く、チェスやカードのポイントなど、ミニゲームまで入っています。 「カラーなのに雑誌とか漫画を読まないのが意味なくはない?」と思われるかもしれないが、表紙のサムネイルがカラーになるだけで白黒よりもはるかに快適なです。 ジャンルには、子供向けの本もイラストが多いので、モノクロよりカラーが魅力的で、ほとんどは色が明らかに絵もシンプルなので、PocketBook Colorはとてもきれい見ることができます。

カラーE Ink端末が既存のタブレットと本当に競争できるようになるまでには、まだ革新が必要です。 より大きな画面、高解像度、色再現性のリフレッシュレートを高めるどのような方法など進化の余地がたくさんあります。 しかし、読書は限られた範囲だけでも白黒TVがカラーされたときと同様に、E Inkがカラー化したのは嬉しいアップグレードです。

まとめ

電子ペーパーは、最終的カラーに!

低消費電力、明るい光の中での読みやすさなどモノクロ電子ペーパーディスプレイの利点はそのまま。

色再現は、4,096色のみ(標準的なコンピュータのイメージは、1600万色)。

白黒のピクセル密度は300PPIであるが、色付きのテキストや画像の場合、100PPIに低下します。

・LEDフロントライトを使用すると、色が飛んでしまいました。 最もきれいに見えるのは明るい光、特に日光に見たときです。

漫画や雑誌は、図にすっきり見えますが、文字の部分は、PocketBook Colorの6インチの画面とは困難です。 カラーE Inkは、10インチのやタブレットサイズのものが合っていると思います。

READ  結局、「紙が必要ない」と思った。参考専用タブレットreMarkable 2(ギズモ・ジャパン) - Yahoo!ニュース

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close