電気改善のため日本技術がキューバに移転

Estimated read time 1 min read

ヌエバ・ヘロナ、4月27日。 – フベントゥド島の電気エネルギー供給を改善するために考案された日本国際協力機構(JICA)のプロジェクトが、マヌエル・マレロ・クルーズ首相が駐在する法案に基づいて公式にキューバに移管されました。

電気連合の総責任者であるAlfredo López Valdésは、特に再生可能エネルギーシステムに組み込まれ、エネルギーバランスを維持するために不可欠な蓄積容量を備えたバッテリーの設置からの寄付について、日本政府と国際機関に感謝します。

この百万ドルの投資の経験は、キューバのエネルギーマトリックスの変化に応じて国の電気システムで他の同様の作業を構築するのに非常に役立ちます。 López Valdésは、このプロジェクトの実現は、両国間の継続的な強化と優れた関係を示す事例だと述べました。

キューバ日本国際協力機構(JIA)常駐代表である芦田哲也(Ashida Tatsuya)は、就任式作業が複数の日本企業とキューバ企業の専門家の共同作業の結果であり、これにより再生可能エネルギー源の普及率が15%増加すると言いました。 MW。 イスラ・デ・ラ・フベントゥドから。

今回のプロジェクトを通じて、日本政府は特に太陽光パネルの活用を通じてエネルギー需給安定のためにキューバ側と協力しており、そのために寄贈された装備が最大限活用されると予想される。 ハバナ駐在アジア諸国の大使である平田健二が強調しました。

このプロジェクトを通して、私たちはキューバ国民が一人ではなく、世界中に多くの友人がいて、その中には日本国民もいるというメッセージを送りたいと彼は言いました。

キューバとIsla de la Juventudを代表して、人民議会の会長であるErnesto Licea Mojenaは、寄付された現代の技術に日本国民に感謝を表明しました。 おかげで、システムに15MWをさらに統合する予定です。 これらのソースを使用すると、約20%のエネルギー生産が可能です。

非公式に、Marrero Cruzは参加した人々に日本政府と大使に感謝し、専門家チーム全体、キューバと日本のエンジニア、エネルギーと鉱山省、電気連合、会社の従業員を表彰しました。 地域の電気会社は、この仕事の主役であり、彼らの経験は国の残りの地域に拡張される予定です。 (ACN)(写真:インターネットから抜粋)



READ  Group14 Technologies、日本と韓国の新しい支社を設立し、国際バッテリー市場での拡大加速
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours