霧が日本で試合を止めるにつれて、5週間前半にリーディング

Estimated read time 1 min read

日本で開かれたISPSするチャンピオンシップ初日の霧で試合が中断されると、ドイツのヤニク・ポール(Yannik Paul)が5者同点で先頭を走っていました。

30歳のこの選手は昨シーズンのライダーカップデビュー戦を控えて7回のトップ10進入を記録し、2022年にも優勝を獲得したが、ギリギリに脱落してヨーロッパポイントリストで4位を占めました。

彼は前回Hero Indian Openで2024年の第3のトップ10に入り、その形を日本にもたらしました。 1月以降、最低ラウンドで65打を記録し、地元の人気選手である桃陽池村、太iseiと共にクラブハウスで5アンダー波を記録しました。 清水と吉田大樹。

日本の大河長野も7ホールを残して5アンダー派を記録し、一部の選手たちは大平クラブみのりコースでほぼ3時間霧がかかって遅れた後、1ラウンドで最大10ホールを残して競技を広げました。

スコットランドのコーナー辞任(Connor Syme)は3月10日、ジョンソン・ワークウェアオープン(Jonsson Workwear Open)で3回連続トップ10に入った後、初の選抜出場でラウンドを終えた後、先頭から抜け出した。

辞任は10日出発してみない66打で18番ホールから4連続バディを釣った後「うれしい」と話した。

「とにかくトーナメントの面で6週間の試合をしていなかったので帰ってくれて嬉しかったです。

「今日は見たことがなかったと思います。本当に気持ち良かったし、再開するのに最適な方法です」

READ  スペイン、ドイツ、日本、コスタリカのスケジュール
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours