青いキジ:日本の国朝

Estimated read time 1 min read

この素晴らしいビデオを見るために読んでください。

日本は民話や伝説に動物を使った豊かな歴史を持っています。 国が大切にするいくつかの動物や鳥があります。 日本で人気のある動物としては、巻物、雪猿、美しい日本の鯉があります。 日本には麺はありませんが、国朝があります。 引き続き日本の国朝について学びましょう!

日本の国朝とは?

青いキジは日本の国家です。

©ロバート・アン/Shutterstock.com

それだけ 日本の国朝はキジだ。 時々日本の青いキジとも呼ばれる青いキジは、美しいエメラルドグリーンで、朱色の首が明るい赤い髪につながります。 彼らの翼と尾の羽は茶色の灰色の羽と縞模様を混ぜて長い尾の羽を飾ります。 オスはとてもカラフルで、メスはオスの明るい色が足りず、雑色の茶色がかった。 日本では、彼らの名前はkijiです。

青いキジはどこに住んでいますか?

青いキジの森林地帯、畑、 牧草地、森と低木。 彼らは日本の固有種ですが、ハワイにも導入されました。 青いキジの土地に巣を置くか、背の高い草や雑草で眠ることができる隠されたスペースを見つけることができます。 単独で、または小さな群れを建てて餌を探しているキジを見ることができます。 青いキジは飛ぶことができますが、一般的に捕食者を避けて逃げる時間が少なくなります。

キジが日本の国朝であるのはなぜですか?

青いキジは日本の歴史的な伝説と物語に登場します。 伝説によると、古代太陽の女神アマテラスはキジをメッセンジャーとして使用しました。 日本の有名な物語である桃太郎の動物友達のひとつはキジでした。 日本人も緑のキジ地震が起きる時を感知し、周辺の人々に警告できるように見えるので細心の注意を払います。 世界で地震が最も多い国では、これは価値ある反応です。

桃太郎の話は?

桃太郎の物語には様々なバリエーションがありますが、次のように進んでいます。 桃太郎は、巨大な桃から生まれ、子供のいない女性と男の子を連れてきた夫によって発見されました。 成長した彼は「Demon Island」で冒険を去った。 邪悪なオーガや悪魔グループに挑戦島に向かう途中、彼は言う動物の3匹、すなわち犬、猿、キジに会います。 動物たちは、男の子に食べ物(キビ餃子)を分けてあげれば、邪悪な悪魔と戦うのに役立つと言います。 彼らは一緒に邪悪な悪魔を倒し、素晴らしい宝物と捕獲されたリード悪魔を持って家に帰ることができます。 この伝説は教科書に載せられ、代々伝えられました。

A鳥が2022年に実際に使用する最高の巣箱

日記に青いキジ?

日本の国旗
日長期には国朝のキジがありません。

©Tatohra/Shutterstock.com

いいえ。 日記にキジはありません。 旗は白地に赤い丸でシンプルなデザインです。 「太陽が浮かぶ国」は日本の別名で、涼しい白地に赤い丸は熱い太陽を象徴する。 繰り返しますが、尊敬される太陽の女神アマテラスは7年に偉大な日本を建国したとされています。仕事 紀元前世紀。 日本は1854年8月5日に現在の国旗デザインを正式に採用しました。

緑のキジは絶滅の危機に瀕している動物ですか?

フィールドの青いキジ - 日本の国立鳥
ありがたいことに、緑のキジは絶滅の危機に瀕しておらず、IUCNの最低関心種と考えられています。

©N.Sakamoto/Shutterstock.com

いいえ。 キジは絶滅の危機に瀕している動物ではありません。 IUCNによると、彼らは2016年10月の最後の評価に基づいて「最小関心」の種です。 彼らは日本全土に広い範囲と繁栄する集団を持っており、ハワイにも導入されました。 日本では青いキジを狩るのが合法です。 鶏に似た餌で家畜でも飼育される。

クレーンは日本で何を象徴していますか?

赤いクラウン ドゥルミ
ドゥルミは中国の国家ですが、日本では依然として象徴性を維持しています。

©asharkyu/Shutterstock.com

クレーン 幸運と長寿を象徴する巻物とともに、日本のもう一つの重要な鳥です。 ドゥルミは千年を生きることができると信じていました。 紙学1,000個を折ると願いが叶うという仙場伝説。 折り紙はしばしば長くてカラフルな紐で結ばれていました。

日本の実際の巻物は、かつて絶滅の危機に瀕した巻物です。 保全努力、湿地復元、藻類保護区の構成により、ドゥルミ個体群が角を回っており、はるかに優れています。 北海道島には1,500頭の巻物があると推定されます。 2021年7月現在、IUCNは赤い冠頭を「脆弱性」と分類しているため、このエレガントな鳥を守り続けるために必要なことが残っています。

日本の国語は?

日本の池の美しい鯉。
日本の鯉は日本の国語です。

©M_MUC1968/Shutterstock.com

日本の国産魚は 日本の鯉魚。 日本の鯉は、飼いならされた一般的な鯉の長くて細い魚です。 彼らはしばしば庭、温室、動物園の「コイポンズ」に登場します。 一般的な鯉の池には、さまざまな色とパターンの鯉があります。 すべてオレンジ色、オレンジ色の斑点がある白、黒い斑点がある黄色、白と黒の斑点があるオレンジ色の鯉がよく見られます。 ほとんどは長さが約22〜26インチ(約2フィート)ですが、一部は長さが3フィートになることがあります! 勇気と力から愛と友情に至るまで、さまざまなものを象徴しています。

日本で雪猿をどこで見つけることができますか?

ニホンザルは地獄谷猿公園に住み、そこで温泉を楽しんでいます。

©iStock.com/structuresxx

別名雪猿 ニホンザル、ジョシネツコゲン国立公園の四国谷モンキーパークに住んでいます。 しばしば「スノーモンキーパーク(Snow Monkey Park)」と呼ばれます。 この雪猿の群れは、地元の温泉で日光浴を楽しむ猿を観察するための人気の訪問地です。 猿は赤い顔と黄褐色から茶色の毛を持っており、25〜40ポンドにすることができます。 雪の日に温泉を楽しむ猿家族の姿は本当に共感が行きます!

日本には他のどの動物が住んでいますか?

日本北海道の北部ピカ
日本には、この地域に生息するげっ歯類であるピカを含む多くの動物が住んでいます。 写真は日本北海道の北部ピカです。

©stock_shot/Shutterstock.com

様々な 日本に住む動物。 日本の北部地域は冬に雪が降り、南部地域は暑く湿気が多い。 これらの生息地の多様性は、あらゆる種類の野生動物のための家を作ります。 シカ鹿は日本でよく見られる動物であり、人間の周りでの生活に適応しました。 彼らは白い斑点から離れていないいくつかの鹿種の一つです。 日本に住むもう一つの民話の中の神秘的な動物は赤キツネです。 日本の伝説では、キツネは人間の姿に変わり、人間を欺くためにそうするでしょう。 本物の赤キツネは、北海道、本州、四国、九州に住んでいます。

沖縄本島の西側はクジラ観察で有名な場所です。 ここで巨大なザトウクジラが爽やかな海水を貫いて出てくる姿を見ることができます。 長さが50フィート以上になる可能性があることをご存知でしたか? スクールバスより長くなります! 日本の沿岸のザトウクジラは冬にロシアとアラスカからここに移動します。

日本の他の動物には、ピカ、コウノトリ、鈴木(スズキ)、マヒマヒ、日本マス、日本キルパック(毒蛇)、アジアのクマ、ヒョウ猫、日本アライグマなどがあります。

日本アライグマとは?

森の中のアライグマ
日本のアライグマのもう一つの名前はアライグマです。

©フルシモンズ / CC BY 2.0 – 特許

の写真を見るなら 日本アライグマ、あなたの最初の本能はそれがPhotoshoppedであると仮定することです。 誰かが明らかにアライグマの頭を切って犬の上に重ねて置いた。 しかし、アライグマは本物の動物であり、日本に住んでいます。 それで、彼らはアライグマか犬ですか? 日本アライグマ(Nyctereutes viverrinus) 犬、オオカミ、キツネ、コヨーテを含むカニダの家族に属します。 彼らは長さが約20〜26インチで、体重が約16ポンドになる可能性があるため、中小型の犬のサイズに似ています。

キジと同様に、日本の国朝であるアライグマ(アライグマ)も民談と伝説の一部です。 彼らのキャラクターはいつもいたずらですが、少し速やかです。 いくつかの伝説には変身可能なアライグマもあります。 日本には明らかに豊かな文化の一部として価値の高い様々な動物があります。

次に…

READ  日中デカップリング:思ったより難しい理由
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours