理科

青少年と青少年は、動物からの相互感染さCovid-19のような病原体に対してほぼ知りません。

国際的な研究の結果は、公衆衛生の分野の科学ジャーナルであるFrontiersに掲載されました。

EUが資金を支援するBIO-CRIMEプロジェクトはLeibniz動物園、野生動物の研究のための研究所(Leibniz-IZW)の支援を受けて不法小動物取引と病原菌伝播関連するリスクについての科学的調査を実施しました。

この研究では、「不法小動物取引」のコア領域と「動物の病気」と「自分の健康概念」の青少年及び青少年の知識レベルと適切な行動に焦点を当てた。 One Healthは、人間の健康に動物の健康および私達が共有する環境と密接に関連していることを認識するアプローチです。

6カ国から来た総656人の学生が調査に参加しました。 学生は、匿名のアンケートに答えた次の調査の正確な結果を解決する理論的かつ実用的授業を受けました。 4週間後 – その中の学生は、zoonosesとOne Healthアプローチに関するトピックを追加で研究しました – 第二の理論 – 実習授業が行われました。 その直後、同じアンケートに二番目に匿名で回答しました。

最初のアンケート回答の結果、動物が人間に多くの病気を伝染させることができるということと、その逆の場合も同様であるという事実を知らない学生の割合が28.96%でした。 人間感染症が何なのかわからない参加者の割合は32.16%でした。 One Health概念の無知は、若い人たちの31.40%であり、学生の59.91%が不正解で答え、参加者の23.02%が狂犬病を非危険な病気であると考えています。

最初の調査の二つの理論 – 実用的授業後、同じアンケートを再度作成して知識の移転過程を仕上げました。 その結果、正答率(知識の増加)が21.92%増加した。

性別や国によって回答された質問の精度に異なる表現がありました。 しかし、全体的にこの研究に参加した学生の3分の1以上が、動物の感染症のリスクについての知識とOne Health概念の内容の理解不足が目立った。

「これは、解決すべき公衆衛生の問題です。 これは研究に参加した学生の3分の1以上が不法小動物取引のために、動物と接触するときに発生する動物の感染症のリスクを認識していないことを意味します。 したがって、私は動物疾病のOne Health概念の教育が理論的実践的なトレーニングの単位を使用して、学校のカリキュラムと講義計画にしっかりと位置を取ることをお勧めします。」とプロジェクトリーダーであり、最初の著者であるPaolo Zuccaは説明します。 イタリア疾患。

「ドイツでは学校での動物の病気の教育の実質的な部分のために、私たちは、Leibniz-IZWの研究スニファ牽引Sir Isaac Newtonを使用して、学生に荷物の不法隠された動物を検出することができる方法を示しました。」とLeibniz -IZW科学者が報告します。 Susanne Holtze。

「私たちの共同の国際科学研究は、若い世代の間で人間感染症とOne Health概念の知識の共有の重要性を強調します。 Covid-19伝染病は動物から人間に伝染する病気が単純な理論ではなく、真の脅威であることを私たちのすべてに表示されます。」とLeibniz-IZWの共著者であり、科学コミュニケーター兼共同著者であるSteven Seetが説明します。

人間に感染することができる1700個の既知の感染症のうち60%以上が動物で発生します。 最近のCOVID-19大流行のような反復的頻繁動物の感染症は、自然に対する人間の影響により発生します。 特に大規模な集約家畜農場の造成、集約飼育場で抗生物質の頻繁な使用は、森林破壊、野生肉(ブッシュマート)消費、「不法動物取引」などが発生し、動物から人間に、またはその逆に病気の伝染。

「One Heath概念の枠組みの中で、動物園の相互関係を説明する学校の早期教育と健康予防プログラムは、人口の健康と将来の伝染病予防のための基本的な前提条件です。」と、生物学、化学の教師であるJeannette Wichertは説明します。 ドイツ・ベルリンのRobert Havemann Gymnasium。

READ  日本、オリンピック、パラリンピックの予防接種準備

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close