トップニュース

青色LEDの発明者92歳死亡

東京

京都ニュースによると、世界初の効率的な青色発光ダイオード(LED)を日本で発明した日本人イサム赤崎が92歳でこの世を去った。

名城大学の赤崎教授は「LEDランプとして広く知られている、明るく省エネ白色光源に貢献した」発明で認められたキャリアは言った。

彼の発明で2014年にノーベル物理学賞を受賞しました。

「彼は木曜日の朝、日本中部名古屋の病院で肺炎で死亡しました。」と、大学を引用した教徒が言った。

Anadolu Agencyウェブサイトには、AA News Broadcasting System(HAS)で、サブスクライバーに提供されるニュース記事の一部を要約した形で含まれています。 サブスクリプションのオプションについては、当社にお問い合わせください。

READ  さらにプラン9コブワンサン教訓、爆ノ介が登録6人体制で!町プリントでは活動せず - ナタリー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close