非営利団体は、東京「ホストクラブ」に関する問題を報告する女性が増えていると明らかにしました。

Estimated read time 0 min read

東京のある非営利団体は、ホストと呼ばれる男性同僚と一緒に娯楽を提供する「ホストクラブ」の問題を報告する女性がますます増えていると明らかにしました。 これらの女性の一部は莫大な費用を請求されており、借金を返済するために性産業で強制的に働かなければならないことが分かった。

このグループは、東京歌舞伎町のナイトライフエリアのホストクラブに滞在した女性にアドバイスを提供します。 ホストは後払い制度を通じて女性の請求書を一時的に負担することが多い。

団体は過去4ヶ月間、特に夏休み以後9月と10月に主に10代後半から20代女性とその家族を対象に200以上の相談を提供したと明らかにした。

同グループは、今年東京でキャンパス生活を始めた大学生が相当数の出来事に関わっていると指摘している。 最近、日本のコロナ19対策が緩和され、これらのクラブを訪れる若い女性が増えている点も指摘された。

一部の女性は、一晩でほぼ100万円、つまり約6,700ドルに達する紙幣を受け、売春を強要されたり、借金を返済するために性産業で働くよう指示を受けたと、この団体は言います。

グループのリーダーである秀森源は、ホストがソーシャルメディアを介して女性に連絡し、安い入場料を約束し、クラブに来るように招待する悪意のあるケースに言及しています。 彼は、ホストが顧客に支出を続けるよう奨励すると述べた。

東京警察は、歌舞伎町地区のホストクラブに売春を含む強制債権の推進方法が違法だと警告しました。

READ  防弾少年団ジミン、日本オリコン日刊デジタルシングルチャート1位、Set Me Free Pt.2、スポーティファイグローバルトップ50進入
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours