韓・日・中経済界の指導者たち、3国間経済協力を促す

1 min read

チェ・テウォン大韓商工会議所会長(真ん中)がラン・ホンビン中国国際貿易促進協議会会長(右)、徳良政和経団連会長と拍手をしている。 日本経済人連合会が5月27日ソウル大韓商工会議所本部で第8次韓日中ビジネスサミットを契機に共同協約を締結した後。 連合ニュース

イ・ミンヒョン記者

韓・日・中企業家たちが経済活性化とサプライチェーン安定化のためのパートナーシップの必要性について共通の見解を持っていることで、去る日曜日、国内主要企業ロビー団体が実施したアンケート調査で現れた。

最近、ソウルで開かれた韓中日ビジネス首脳会議とは別に、三国企業の181人で構成されたグループがアンケート調査に回答しました。

彼らは3国の経済パートナーシップを通じて得られる最大の潜在的な成果として経済活性化を挙げ、この項目に47%以上が投票しました。 サプライチェーンの安定化が41.2%で2位を占めました。

地域別では韓日協力の主な期待効果として経済活性化を挙げ、中国企業人の80%以上が韓日協力の最も望ましい成果としてサプライチェーン安定化を挙げた。

パク・イルジュン大韓商工会議所首席副会長は「3国の主要CEOらは経済協力の必要性と肯定的効果に対してほぼ確実性に近い共感帯を持っていることが確認された」と話した。

続いて「三国実務協議体を構成し、調査で把握された各国の優先課題と期待効果を履行するための共同研究事業を展開する計画」と付け加えた。

READ  日本、安倍元首相被殺1年
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours