韓・米・日、北朝鮮ミサイルデータリアルタイム共有合意

1 min read

日本、韓国、米国は「年末以前に」北朝鮮のミサイル発射に関するリアルタイム警告データを共有するメカニズムを開始するために努力することに合意したと両国防長官が土曜日明らかにした。

浜田康和国防部長官、イ・ジョンソプ韓国国防部長官、ロイド・オースティン米国国防長官は、シンガポールで開かれた地域安全保障会議を契機に3者会談後発表した共同声明で「協議を通じて進行中の進展」について議論したと明らかにした。 このメカニズムを「抑制、平和、安定のための主なステップ」と呼びます。

浜田長官は、シャングリ・ラホテル記者会見で「今回の会議で、我々は北朝鮮のミサイル警報データのリアルタイム共有に関する研究の進捗状況を確認し、今後数ヶ月以内に初期作戦開始のためのさらなる進展を達成することに合意した」と話した。 ラダイアログカンファレンス。 「具体的な詳細と作戦の開始時点はまだ調整中ですが、できるだけ早くこれを達成するために最善を尽くします。」

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  ジャガイモの不足が日本からケニアに行くフライドポテトに影響を与えますか?
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours