韓・米・日、対北朝鮮ミサイル防衛訓練実施

Estimated read time 1 min read

ソウル、4月17日(ロイター) – 韓国、アメリカ、日本は、月曜日の安全保障協力を改善し進化する北朝鮮のミサイル脅威にもっとよく対応するために合同海上ミサイル防衛訓練を行ったと韓国海軍が明らかにした。

このニュースは、3つの国が外交と軍事協力を強化するための努力の一環として、定期的なミサイル防衛と対潜水艦訓練を開催することでワシントンでの会談で合意してから数日後に出ました。

専門家たちは、北朝鮮がほとんど警告なしにミサイル発射を緩和すると言う新しい固体燃料大陸間弾道ミサイルを金曜日に試験しながら軍事活動を強化し、最近数週間緊張が高まっています。

月曜日の韓日公海上で訓練にはイージスレーダーシステムを装着した韓国の7,600トン級イージス駆逐艦渓谷イイ、アメリカ誘導ミサイル駆逐艦ベンフォード、日本アタゴ駆逐艦が一緒に集まった。

北朝鮮の弾道ミサイル挑発シナリオで仮想標的を生成し、検知・追跡から情報共有まで対応手続きを熟達することに注力していると海軍は明らかにした。

キム・ギヨン艦長は声明を通じて「高まる北朝鮮の核・ミサイル脅威に対抗して3国間の安保協力を強化する機会」と話した。

これは弾道ミサイルに対応するための海軍の能力と態勢を強固にするだろうと彼は付け加えた。

北朝鮮は去る3月から韓国軍と米軍が年次春の訓練を実施しながら「より実用的で攻撃的な」行動をすると脅した。

これとは別に、韓米空軍は12日から12日間の訓練を開始する。

また、月曜日、韓国と日本は、展示歴史問題に対する1年間の不和の終わりに関係が解氷されたため、5年ぶりにソウルで外交安全保障高官の「2+2」会談を再開しました。

首脳は北朝鮮と地域問題について意見を共有する一方、互いの政策に対する理解を高め、「未来志向的な」方式で安全保障協力を促進することに合意したと韓国外交部と国防部が会議後共同声明で明らかにした。

過去を越えて日本との縁を続けると誓ったユン・ソクヨル大統領が去る3月韓国の指導者として12年ぶりに東京を訪れた。

シン・ヒョンヒ記者 Lincoln Feastの編集。

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  サムスン、日本のNTTドコモから5G機器契約
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours