韓・米・日三国経済グループ発足

1 min read


CEOインサイトアジアチーム| 2024年6月28日金曜日

分離記号

それだけ 韓国産業人連合会 (全国経済人連合会)が創立1周年記念行事を開催した。 韓米日ビジネス会話 ワシントンDCでは、韓国、アメリカ、日本の企業コミュニティが集まり、公式の3者会話を確立しました。 この非公開協議は、 米国商工会議所 そして、日本経済連盟(Keidanren)は、3国の産業間でかなりの協力努力を示しています。

今回の会議では、同日、ワシントンで開かれる第1次韓米日産業大臣会議に合わせ、韓米日3大経済団体が共同で民間企業対話開始を宣言した。 彼らはまた、今後の定期的な会議を招集することに合意した。 安徳根産業通商資源部長官は韓中日経済対話の成立を熱心に歓迎した。

「今日の会議の直前に、私は斎藤大臣とライモンド大臣と共に、最初の第三国産業大臣会議を開き、第三国産業協力と世界的リスクへの共同対応を発展させるために協力する意思を確認しました。」

今回の会議にはサムスン電子、SK、現代自動車、ハンファ、ポスコ、ヒョソン、LSなど国内8社が参加した。 Intel、Micron Technology、Qualcomm、Amazonを含む10の米国企業。 そして、トヨタ、ソニー、日立、住友を含む8つの日本企業があります。 この日の行事では全経連と未商工会議所、軽鍛練間の協力強化のための了解覚書(MOU)が締結された。

了解覚書には、昨年8月にキャンプデビッドで開かれた3国首脳会談で合意した内容をもとに、経済安全保障と技術分野で3国協力を進展させるという約束が含まれました。 この約束の一環として、3カ国は少なくとも年間1回の韓米日ビジネス会話を招集することを約束しました。 さらに、これらのビジネス議論は、3つの国のすべての国家元首や政府関係者が参加する会議と一致することに合意しました。

「三国首脳会議で議論された産業・経済分野の三国協力が今や文書に制度化されているので、三国間のより安定した経済協力につながると信じています。」 FKI副会長のキム・チャンボムは言った。 「MOU を実施するために、FKI と Keidanren と協力し、2 年に 1 回、実務グループ会議と年次総会を開催します。」 米国商工会議所の上級副社長であるチャールズ・フリーマンは言いました。

「これにより、企業界は3国政府の政策決定過程に参加できるようになります」とKeidanrenの常務理事である一郎原が語りました。 「不安定な世界環境の中で、三国間の協力の重要性が高まっており、新たに確立された三者フレームワークを通じて協力がさらに強化されることを期待しています。」

READ  ASCII.jp:クイックBig Navi」Radeon RX 6900 XT」未知の速度を確認する(1/11)
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours