韓国、アメリカ、日本中国本土インバウンド観光ランキング1位

1 min read

Trip.com Groupが発表したデータによると、2023年の最初の10ヶ月間に中国本土を訪れるインバウンド旅行者のトップ10のソースは、韓国、アメリカ、日本、シンガポール、オーストラリア、マレーシア、カナダ、タイ、イギリス、ドイツでした。 示しています。

2023年の最初の10ヶ月間、訪問者数は2022年の同じ期間と比較して4桁の増加、つまりファンデミック以前のレベルの60%以上増加しました。

旅行グループは、今年初めに中国本土の国境が開かれて以来、トリップドットコムグループプラットフォームを通じて行われた中国関連の予約数が着実に増加してきたと指摘しました。

たとえば、2023年10月には入国便の予約が前年比98%増、9月と8月にはそれぞれ58%と89%増加しました。

中国本土で入国旅行者に最も人気のあるトップ10の都市には、深センと上海が含まれ、広州、北京、珠海、杭州、浦山、厦門、中山、成都と順位で1位を占めました。

神話通信/リボ

興味深いことに、インバウンド観光客が予約した10軒のホテルのうち7軒が深センホテルで、上海ホテル2軒が最も予約されたホテルリストで2位と3位を占めました。

Trip.comのCEOであるJane Sunは、最近、インバウンドツーリズムが国のGDPへの貢献を高め、より良いビザ、言語、電子決済サービスなど、海外訪問者のアクセシビリティを高めるための努力を強化するよう促しました。

中国政府は、多くの国の観光客のためのビザ申請手続きを簡素化し、11月から入国者の入国健康報告カードの作成要件を削除しました。

トリップドットコム(Trip.com)が収集したデータによると、第3四半期の中国インバウンド旅行の世界的な検索結果が大幅に改善され、前の3ヶ月より40%増加しました。

トリップドットコム(Trip.com)は最近、海外旅行者を対象にホテル予約、旅行アドバイス、交通オプション、決済方法、人気の旅行先に関する情報を提供する総合ガイドである「中国旅行ガイド」を発売しました。

去る9月発売以来、すでに10万人に近い海外訪問者にサービスを提供しています。

11月17日、トリップドットコムグループは中国国際文化協会と「ニハオ! 「中国」というインバウンド観光広報キャンペーンを通じて、同社はインバウンド観光の発展を加速するために、プラットフォーム技術、マーケティング、プロモーション、製品統合に投資することを約束しました。

「中国の電子決済サービスプロバイダーは、最近数ヶ月間の決済を簡素化し強化するための措置を実施しました。 今日、最高の電子決済サービスプロバイダーは、海外旅行者が自分のクレジットカードを中国で使用されている電子決済システムに接続できるようにしています。」

「以前は、支払いプラットフォームにアクセスするには、旅行者が地元の銀行口座またはカードを持っている必要がありました。」

READ  KSAと日本の経済関係は繁栄に向けて
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours