韓国、ゴミ風船報復でメガホン放送を再開

1 min read

ソウル、韓国(AP) – 韓国は、北朝鮮が引き続き風船で韓国にゴミを投下するキャンペーンに対応して、国境地域で対北宣伝メガホン放送を再開すると発表した。

大統領府は長豪陣国家安保室長駐在で緊急安保会議を開き、日曜日の接境地域に拡声器放送を設置・開始することにしたと大統領府が明らかにした。 このような動きは北朝鮮を怒らせることが確実であり、潜在的に北朝鮮が軍事報復措置を取るように促す可能性がある。

長官と他の韓国安全保障関係者らは、北朝鮮が韓国に「不安と混乱」を起こそうと非難し、今後南北間の緊張が高まる場合、北朝鮮が「全責任」を負うことになると強調しました。

北朝鮮は週末に何百匹も飛んだ。 ゴミ運搬用バルーン 韓国軍は韓国活動家たちが北朝鮮に宣伝チラシを振りかけるために風船を浮かべてわずか数日で5月末以降、3回目のこのようなキャンペーンを韓国に実施したと話しました。

北朝鮮はこれまで韓国の民間剪断散布キャンペーンに対する報復で、韓国にゴミと肥料を投下するために1000以上の風船を送り、北朝鮮の核野望をめぐる外交的デッドロックの中で戦争に分裂したライバルたちの間で緊張を重み付けしました。

韓国のメガホン放送の再開は先週から多くの期待を集めました。 停止 2018年北朝鮮との緊張緩和合意。 今回の措置により、韓国は宣伝キャンペーンを再開し、国境地域で実射撃軍事訓練を再開できるようになりました。

合同参謀本部は、北朝鮮が土曜日の夜から南側に向かって約330個の風船を発射したことを捉え、日曜日の午前現在、約80個が私たちの領土で発見されたと明らかにしました。 軍関係者は「土曜日の夜、風が東に吹いており、多くの風船が韓国領土から浮かぶ可能性がある」と話した。

韓国軍は、着陸した風船がプラスチック、紙ごみなどごみを落としたが、有害物質は発見されなかったと明らかにした。

北朝鮮の風船や物品の回収のために化学的迅速対応隊や爆発物処理班などを動員した軍は、国民に落下物に注意し、地に落ちた風船に触れずに警察や軍当局に届け出るように要請した。

北朝鮮の土曜日の風船発射は5月28日以降3回目だ。 北朝鮮の以前の二度の風船発射で、韓国当局は次の事実を発見した。 バルーン1,000個 肥料、タバコ吸い殻、布片、廃乾電池、廃紙などが入ったビニール袋に縛られたものでした。 一部は道路、住宅地、学校に飛び散って散らばった。 危険性の高い物質は発見されず、大きな被害も報告されていません。

北朝鮮の金剛日国防次官は、後に彼の国がそうするだろうと述べた。 バルーンキャンペーンをやめる しかし、韓国の活動家が再びチラシを送れば再開すると脅した。

警告にもかかわらず、 韓国の民間団体 脱北者パク・サンハク氏が率いるこの風船は木曜日の国境村で反北のチラシ20万枚、Kポップ歌と韓国ドラマが収められたUSBメモリ、米国1ドル紙幣を盛り込んだ風船10個を発射したと明らかにしました。 韓国メディアはまた、別の活動家団体も金曜日20万枚の宣伝せん断が入った風船を北朝鮮に向けて飛ばしたと報道しました。

韓国関係者が電話をかけた。 北朝鮮ゴミ風船 打ち上げと他の最近の挑発は「とんでもない」「非合理的」で強力な報復を誓いました。

メガホンを通じて韓国は重武装した競争国の国境を越えて反北放送、Kポップ歌、外部ニュースを鳴らすこともできます。 北朝鮮は最前線の軍隊と住民の詐欺を低下させ、最終的に金正恩指導者の権力掌握力を弱めることができるという懸念のため、こうした放送に極めて敏感であるとアナリストらは言う。

2015年、韓国が11年ぶりにメガホン放送を再開すると、北朝鮮が国境を越えて砲弾を撃つと、われわれもこれに応受したと当局者は伝えた。 死傷者は報告されなかった。

キム氏は近年、韓国の文化と言語の影響を排除するために強力なキャンペーンを行ってきました。 去る1月、金委員長は北朝鮮が韓国との平和統一という長い目標を放棄して憲法を改正して韓国を永遠の敵として固めるだろうと宣言しました。 専門家らは、金委員長が北朝鮮の独自のアイデンティティを強化しようとする努力が、金氏家の王朝統治を強化する目的であると考える。

北朝鮮の風船キャンペーンは保守政府の対北朝鮮強硬路線を置いて韓国に分裂を起こそうとする意図もあり得る。

自由主義の議員や一部の市民団体、韓国の一線住民は、北朝鮮との不必要な衝突を避けるために、せん断散布活動家たちに風船を吹き飛ばすのを政府に促した。 しかし政府関係者たちは昨年発表に合わせてそんな訴えをしなかった。 憲法裁判所はこう判決する。 対北剪断散布を言論自由侵害で犯罪化する方法を廃止しました。

READ  ドイツ、ロシアのドローンサプライヤーを逮捕
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours