韓国、ラインチャットアプリ運営会社ネイバーの公正な扱いが必要

Estimated read time 1 min read

ソウル – 韓国は、金曜日に日本の規制当局が人気チャットアプリラインを運営するLY Corp.に韓国パートナーであるネイバーへの依存度を減らすよう指示した後、他の市場で運営される企業を保護すると誓った。

日本のソフトバンクのベンチャー企業であるLYのネイバー持分50%をめぐる摩擦は、昨年、ネイバークラウドコンピューティングサーバーで発生した大規模なセキュリティ侵害事件以降、表面化した。 日本側はライン利用者情報を含めて30万件を超える記録が流出した後、LYにガバナンスを改善し、ネイバー依存度を減らすと指示した。

一部の韓国の政治家は、日本がネイバーにLY持分を減らすように圧力をかけ、ユン・ソクヨル総裁政府が日本に対して断固たる立場を取るよう要求していると非難した。

ネイバーがソフトバンクとLY株式売却を含め、「すべての可能性」を議論していると確認した後、韓国技術部の上級関係者が金曜日の記者たちと話した。

水曜日、LYの飯沢武士社長は東京で記者たちに、ネイバーとソフトバンクがソフトバンクが大半の持分を買収するという前提でアプリ運営会社の持分保有について議論していると述べた。

カン・ヒヒョン技術部2次官は、日本総務部のLY指示が、ネイバーが会社の持分を縮小するように具体的に要求しないことを韓国政府が確認したとソウルで記者に話した。

しかし、彼はこの命令がネイバーに対して「圧力として認識された」という点について韓国政府は残念だと話した。

カン代表は「政府はネイバーを含む韓国企業が海外事業と投資においていかなる不利益や不当な扱いも受けないようにするという確固たる意志を重ね強調したい」と話した。 「私たちの会社に対するすべての差別的措置に厳重かつ強力に対応します。」

尹総長は2022年に就任以来、長い対立で悪化した日本との関係を改善し、北核の脅威に対抗して日本、米国との相互安全保障協力を強化することに注力してきた。

カン氏は、ネイバーがLY持分についてどんな決定を下したとしても、政府は支持すると述べた。 彼は、合弁事業の役割を維持することを決定した場合、技術部門はサイバーセキュリティを強化するのに役立つと述べた。

著作権2024 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  スキャンダルに包まれた日本の巨大技術企業東芝、公開買収
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours