スポーツ

韓国、光復節に当たって韓日関係改善を促す

ジョシュ・スミス

SEOUL(ロイター) – 韓国は北アジア地域の安定と安全保障を強化するための核心措置として日本との歴史的紛争を克服し、北朝鮮と平和を成し遂げなければならないとユン・ソクヨル大統領が月曜日言った。

尹長官は1945年、日本の朝鮮半島植民地支配の終結を記念する行事で、日本が世界自由に対する脅威に対処するパートナーになったと話しました。

文大統領は「韓日関係が共同の未来に向かって進み、私たち時代の使命が共通の普遍的価値に基づいて一致するとき、歴史的問題を解決するのにも役立つだろう」と話した。

日本が女性に軍隊のために展示売春店で働くことを強要したという韓国の非難、強制労働使用などの紛争で米国同盟国間の関係が緊張しています。

去る5月に執権した保守陣営のユン議員は日本との関係改善を公約した。

彼は、国際平和と繁栄に貢献するために、経済と安全から社会と文化の交流に至るまで、幅広い分野で協力するよう求めました。

尹長官は、北朝鮮が核開発を中断し、そのような武器を取り除く「真に実用的な」手続きに着手すれば、広範な支援を提供するという約束を繰り返しました。

ユン長官は「大規模な食糧プログラムを実施し、発展、送配電インフラ支援、国際貿易のための港湾近代化事業を推進するだろう」と話した。

南側も周辺国の農業生産性を高め、病院と医療施設を現代化し、国際投資と財政支援のための措置を取る準備ができていると英語翻訳本で付け加えた。

北朝鮮は韓国政府が否定しているコロナ19の勃発原因を南側に指摘し、デッドロックに陥った非核化交渉の中で2017年以降初めて核実験を準備するものと見られる。

1950-1953年の紛争が平和条約ではなく休戦で終わった後、両国は技術的に戦争状態にあります。

(Josh Smithの報告、Clarence Fernandezの編集)

READ  ガンバ、宮本チュネヤス監督を解任

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close