世界

韓国、新COVID-19記録更新、オミクロン遮断のため検疫免除中止

2021年12月1日、大韓民国ソウル中部試験場で人々がコロナウイルス感染症(COVID-19)検査を受けるために並んで待っている。 REUTERS/キム・ホンジ

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

ソウル、12月2日(ロイター) – 当局が予防接種を完了した入国者に対する検疫免除を2週間中断し、韓国の1日コロナ19確定者が木曜日最高値を更新した。 オミクロン 変種。

疾病管理本部中央防疫対策本部はこの日、一日の確定者が初めて5000人を超えてから1日で5266人を報告した。

KDCAは、韓国が金曜日から2週間のすべての入国者に対して10日間の自格を義務付け、予防接種を完了した人々に対する免除を中断すると明らかにしました。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

今回の措置は韓国が確認した後に出た。 最初の5つの場合 先週ナイジェリアで完全に予防接種を受けた夫婦と家族2人と友人が後を継いだ。

政府は、変異が最初に確認された南アフリカ共和国を含む8カ国の入国を制限している。 KDCAは、ナイジェリアを金曜日からリストに追加し、エチオピアから出発する直行便は土曜日から中断すると述べた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は木曜日のキリスト教団体懇談会で「私たちは正常化の段階的回復に向けた険しい道にあり、新しいオミクロン変種によるリスクが増加している」と話した。

この国はほぼ92%の成人に完全に予防接種を行い、現在子供の予防接種と追加プログラムに焦点を当てていますが、専門家は潜在的にもっと広くなる可能性のある亜種の広がりによって症例が増加し続けることができると警告しました。

先月の距離制限が緩和されて以来、症例数が急増し、今週の政府は 保留された計画 入院および死亡率の急増、オミクロンの懸念による医療システムの負担の増加によるさらなる緩和のため。

KDCA資料によると、重症患者は733人で史上最大値を記録し、首都圏集中治療室病床90%が占有され、915人が入院を待っている。

累積確定者は45万7612人、死者は3705人に増えた。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

シン・ヒョンヒ記者リチャード・プリンの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  インドの最高のウイルス学者、違いを放送した後、政府のパネルをやめた

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close