スポーツ

韓国、日本との歴史的葛藤解決のための会談開始を模索する

By シンヒョンヒ

ソウル(ロイター) – 韓国は安倍晋三日本首相の死亡が関係回復努力に支障をきたす可能性があるという懸念にもかかわらず、来週の東京高級訪問が歴史紛争の突破口のための会談を始めることを希望とソウル管理人が言った。

1910-1945年の日本の韓国占領に関連した紛争で、北アジアの2つの米国同盟国間の関係が緊張してきました。 米国は北朝鮮の核脅威と中国の影響力拡大に直面し、日本と韓国がフェンスを修理することを圧迫してきた。

去る5月就任したユン・ソクヨル韓国新任政府管理者は日本との関係改善を公約してロイターに「岸田文夫日本首相の最近選挙勝利に勇気を得た」と話した。 今後3年間のスケジュール。

朴ジン外交部長官は早ければ来週日本を訪問する予定だ。 日本政策を担当する上級管理者は、尹前首相にデッドロックに陥った強制徴用問題に対する真剣な交渉のために「盗聴をオンにするためのもの」と話した。

日本公営NHKは木曜日、朴大統領が7月18日に東京を訪問すると報じた。 韓国は報告書をすぐに確認しなかった。

別の関係者は、日本が先週、遊世中に銃に当たって亡くなった安倍の追悼式をするとき、首相をはじめとする高位級代表団を送るだろうと話した。

尹長官は8月15日、光復節演説も日本に和解のメッセージを送る機会にするだろうと関係者は付け加えた。

上級関係者は「私たちがやろうとしているのは真の会話の扉を開くことだ」と話した。

日本政治の決定的指導者であり、韓国の分裂的な人物だった安倍の暗殺は、苦い展示の記憶が濃い韓国との関係見通しに新たな疑問を呼び起こした。

一部のアナリストは、岸田が日本軍が海外で戦うことを可能にする改憲を含め、安倍の未実現の夢を達成するために圧力をかけている間、韓国は後戦に押されることができると述べています。

しかし、一部の韓国管理者は、ジョー・バイデン米大統領政権の圧力も潜在的な役割を果たしている中、日本が今対話をもっと喜んでいると見ている。

デリック・チョップ米国務省顧問は今週ロイターに「より強力な三国関係で大きな潜在力があると見る」と話した。

尹長官と岸田首相は最近、NATO首脳会談をきっかけにバイデン全元副大統領に会い、最初の3者会談を開いた。

自宅でユン政府は木曜日第二次聴聞会を開き、新しく発足した民館パネルを通じて強制徴用被害者、弁護士、専門家たちの意見を収束している。

日帝強占期労働者に一部補償をしなかった容疑で起訴された日本企業の資産を差し押さえとする韓国裁判所の命令が危ない。 東京は、命令が実行された場合に深刻な結果をもたらすと警告しました。

最初の管理は、ユン政府が被害者と日本政府の両方の同意を得ることができる「現実的で実現可能な提案」を探していると述べた。

3番目の管理は、補償の問題が貿易やその他の問題で解決されなければ妥協がより困難になる可能性があると言ってより慎重でした。

米国戦略国際問題研究所(Centre for Strategic and International Studies)の優子中野(Yuko Nakano)研究員は、いかなる妥協もユン氏と岸田の両方の忍耐と献身が必要だと述べた。

彼女は「上級訪問と会議はしばしば関心を集めるが、表面の下で起こっている努力を引き続き発展させるのと同じくらい重要だ」と話した。

(シン・ヒョンヒ記者、ジョシュ・スミス、リンカーン・フィスト編集)

READ  ミカエル・キングスベリー(Mikaël Kingsbury)がスウェーデンで67回目のワールドカップ優勝

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close