韓国、日本の路線運営会社の指示に憂慮表明

Estimated read time 1 min read

韓国外交部は、通信分野に影響を及ぼす可能性のある日本政府の指針について懸念を表明しました。

基材部は、先週の土曜日、日本が人気のソーシャルメディアライン(Line)運営者に韓国IT企業との資本関係を迅速に検討するよう指示を下したことについて、どの韓国企業も差別的措置を受けてはならないと述べた。

今月初め、日本通信部は、Line ユーザーデータが大規模に流出した後、日本から Line Yahoo としてよりよく知られた LY Corporation に対して 2 番目に命令を発表しました。

この指針は、企業がデータ侵害によって非難された韓国のIT企業ネイバーとの資本関係について、グループレベルで迅速なレビューを実施することを要求しています。

ネイバーはLYコーポレーションの親会社持分50%を保有している。

外交部はネイバーの意向を確認し、必要なら日本と協議すると明らかにした。

この問題は韓国にも緊張感を助成した。

主要保守新聞である朝鮮日報の社説では、日本が民間企業間の合弁事業関係を解体しようとする試みは「反競争的行為」であり、2003年の両国間投資協定に「違反する可能性がある」と明らかにしました。

この新聞は、日本のネイバーに対する「不公正な圧力」は「直ちに中断しなければならない」と見ている。

READ  Japan water hazard AgencyおよびDOSTポーランドの洪水予報、ダバオ市管理システム→BusinessMirror
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours