スポーツ

韓国、日本を抜いてFIBA U18アジア選手権優勝

マニラ、フィリピン – 韓国がイランテヘランのアジャディーバスケットボール場で開かれた週末のスリリングな決勝戦で日本を77-73に破り、FIBA U18アジア選手権を支配しました。

イ・ジュヨンは過去6秒間短剣バケツを含む28マーカー4リバウンド5アシスト2スチールで活躍した。

全体的にジュヨンは23.2得点3.4リバウンド4.6アシストを記録し、ファンデミックの中で初めてFIBA U18アジア馬上大会でMVPを受賞した。

彼の英雄的な活躍は準決勝で強大国である中国を抜いて韓国を22年ぶりに初めてU18優勝に導き、全体4位です。

バックストップのジュヨンはイ・ソルだった。 過去23秒間先制ゴールで強調された12個のマーカーをチッピングして73というデッドロック状態を破った。

一方、韓国のチェ・ヒョンは中国のヤンハンセン、イランのモハマド・アミニ、日本の川島元U16 MVPと共にジュヨンと共にFIBA U18アジアオールスターファイブに加わった。

Gilas PilipinasのMason Amosは、MVP Juyoungで21.2ポイントを獲得した。

Gilasは、COVID-19感染症の前にアジアの青少年が最後に傾いた2018年の4強進出とU19ワールドカップ予選以後開催国イランに続き6位にとどまりました。

中国は台北とカタールはそれぞれ7位と8位を記録し、レバノンを85-68に破って銅メダルを確保した。

READ  金4個、銀メダル7個、銅6個:東京パラリンピックインドのメダリスト| オリンピック

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close