韓国、関係改善のため日本の貿易地位回復

1 min read

韓国ソウル – ユン・ソクヨル大統領は、火曜日、韓国政府が国内反対にもかかわらず、日本との歴史と貿易紛争解決を推進するにつれて、日本の特恵貿易の地位を回復するために努力すると述べた。

国務会議で放送された長文の論評で、ユン長官は日本との関係を苦しく放置することは自分の義務を無視することだと言い、自分の動きを擁護しました。

尹総長は「今の厳重な国際情勢を後にして、敵対的民族主義と反日情緒を煽って国内政治に利用したならば、大統領としての責務を怠るのと変わらないと思った」と話した。

北朝鮮の核プログラム進展、米中戦略的競争の深化、グローバルサプライチェーンの問題により、日本との関係を強化する必要性が高まったと述べた。

韓国と日本は、経済的、文化的絆が深く、約80,000人の米軍を駐留している米国の核心同盟国です。 しかし、彼らの関係は、主に日本の1910-45年の朝鮮半島植民地統治に起因する問題のためにしばしば揺れ動きました。

最近、デッドロックの中心には2018年、韓国裁判所が日帝強制占領期強制徴用を受けた元韓国人職員の一部に日本企業2カ所を賠償するという判決があった。 日本は1965年の韓日国交正常化の時、すでにすべての賠償問題が解決されたと判決を受け入れなかった。

歴史紛争は、両国がお互いの貿易地位を格下げするなど、他の問題に広がった。 日本はまた、韓国に対する輸出管理を強化し、韓国は軍事情報共有協定を終了すると脅した。

日本との数ヶ月間の交渉の末、ユン政府は今月初め、2018年の訴訟に関わった強制徴用被害者に日本企業の寄付金を求めずに現地資金を使って補償すると発表した。

先週、ユン委員長は岸田文集日本首相と首脳会談のために東京を訪問し、定例訪問と経済安保会談の再開に合意した。

首脳会談に先立ち、韓国政府は日本が韓国に対する輸出規制を解除することに合意し、韓国も規制が解ければ世界貿易機関(WTO)に対する提訴を撤回すると明らかにした。 彼らは両国がお互いの貿易地位を回復するための会話を続けると述べた。

ユン氏の推進により、日本企業の直接的な賠償と強制徴用に対する日本政府の直接的な謝罪を要求した一部の強制徴用被害者と支持者、野党の反発が起こっている。 国民の約60%が強制徴用問題を解決するための尹総長の措置に反対するという世論調査の結果が出た。

尹長官は、国務会の発言で貿易特恵国の「ホワイトリスト」に日本を再び含めるために必要な法的措置をとるよう産業通商資源部長官に指示するだろうと述べた。

彼は韓国と日本が両国関係の改善を妨げる障害物を除去しなければならないと述べた。 彼は「韓国が障害物を先制的に取り除けば、日本も必ず報われるだろう」と話した。

READ  BOJが現状維持に固執するにつれて、日本の利回りは政策上限を超えた
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours