韓国で求める:帝国主義のない桜

Estimated read time 1 min read

生態学者のシン・ジュンファン氏は先週、花が咲く直前の桜の木が並ぶ道を歩き、黒赤いつぼみの周りの残骸を調べました。

古代の首都である韓国のレースの花は、吉野または東京チェリーと呼ばれる日本の一般的な品種に属しています。 新氏の擁護団体は、その木をソメイヨシノと呼ばれる韓国が原産地だと主張する種類に置き換えたいと考えています。

「これらは私たちの先祖の地であるここで育っている日本の木たちです。」 元韓国国立樹木院長だったシン氏(67歳)が言った。

数十人のメンバーで構成されたシン氏の初期のプロジェクトは、韓国の桜の起源を取り巻く複雑な議論の最も最近のものです。 科学は一世紀を超える民族主義の宣伝と遺伝的進化と絡み合っていました。

詩人が無償の象徴として賛美した桜は、日本文化の重要な位置を占めています。 桜の木について書いた人類学者オヌキ・ティエルニー・エミコは、中世の時代に彼らは「花の中の花」であるエリート戦士に関連していたと述べました。

17世紀に始まった江戸時代には、花が日本のアイデンティティの象徴として国有化されたと彼女は言いました。 そして20世紀の日本軍事政権の宣伝家たちは、殺された兵士たちを桜の葉にたとえ、彼らが「短いが美しい人生」を終えて死んだと言いました。

1910年から1945年まで日本が朝鮮半島を支配している間、植民地住民たちに「文化的洗練美」を植えるための努力の一環として吉野を植えたと著者デビッド・フェドマンは言いました。制御の種、植民地朝鮮での日本林業に関する2020年の本です。

吉野はそれ以来、植民主義の苦痛な政治と絡み合ってきました。 韓国人は時々抗議の印でそれらを切ったりしました。 そして、一部の人々は、1900年代初めに日本の管理者がアメリカに送った吉野をキングチェリーに置き換えなければならないと主張します。 王チェリーは芽に毛がないのが特徴です。 後者がもっと韓国的だと主張します。

カリフォルニア大学のアーバインキャンパスで歴史を教えるフェドマン教授は、桜の政治は日韓関係で干潮と干潮を経験し、桜の民族主義的主張はほとんど科学的ニュアンスを隠していると述べた。

「遺伝学も複雑に見え、私たちが探している簡単な答えを与えません」と彼は言いました。

シン氏のプロジェクトは100年余り前、日本当局が下した決定に対する反作用だ。

1900年代初め、日本の科学者たちは朝鮮半島南の済州島で発見されたソメイヨシノをヨシノの両親として描写しました。 吉野が済州に由来したという主張は、1960年代に韓国人​​が吉野を全国に広げるきっかけとなりました。

以来、科学者たちはその理論が偽であることを明らかにしました。 しかし、王チェリーが韓国産であるというもう一つの事実はまだ残っています。

この理論には独自の批判があります。

引退したソウル大学環境学科教授のWybe Kuitert氏は、「キングチェリー」は地理的に限られた生息地を持つ種ではなく、雑種集合を意味すると述べた。 彼は、「正しい」または元のキングチェリー種を正確に見つけようとする韓国の科学者たちの努力が間違っていることを特徴付けました。

「こうして混乱した雑種の中でどれが正しいか?」 彼は言った。 「あなたは知りません。 ゲノム配列やDNAサンプリングではそれを決定することはできません。

しかし、韓国成均館大学の米国植物分類学者のキム・スンチョル氏は、チェリー研究に政府の一部の資金支援を受けて吉野を置き換える計画は価値があると述べた。 キングチェリーの進化の軌跡が不明であっても、済州では独立して進化したと彼は言った。

シン氏は韓国で自然に自生するキングチェリーは約200本に過ぎないと述べました。 彼のグループは約60年の寿命がほぼ終わる2050年まで日本のすべての吉野を交換することを熱望しています。

済川でキングチェリーを伝播する植物学者のヒョンジンオグループ事務総長は「最終的に吉野チェリーが消える様子を見たい」と話した。 「しかし、最も意味のある領域から始めて段階的に交換する必要があります。」

2022年には、桜のシーズンごとに訪問客で賑わうソウル国会近くの遊歩道に並ぶ桜を調べました。 そして昨年には毎年春ごとに16世紀壬辰倭乱を撃退した李舜臣将軍を称える祭りが開かれる鎮海南東部の港地域でチェリーを研究した。

両方の場所で発見された木は主に吉野でした。

新氏が先週レースの桜を調べたとき、風景には松、竹、パンジー、プラム、樹齢400年のケヤキが含まれた。 しかし、まだ花が咲いていないチェリーが彼を食べた。

彼は「世界の人々が韓国の木と日本の木の両方を楽しむことができれば良いだろう」とし、その区分が広く知られていないと付け加えた。 「しかし、今の状況は一方的です。」

日本の樹木栽培が二人は、吉野を交換しようとする韓国の努力を尊重すると述べた。

日本桜協会事務総長浅田信幸は「桜だけでは意味がない」と話した。 「それは人々がそれを見、管理する方法によって決まります」。

READ  ウブレックの秘密を解く - 液体でも固体でもある奇妙な物質
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours