韓国と日本を熱くしてくれたMBNバラエティ番組「韓日王殿」の主人公たちは…

1 min read
「トロット妖精」キム・ダヒョン(中央)が日本でKトロットの魅力を刻印させた。 グレインエンターテイメント

韓国と日本を熱くしてくれたMBNバラエティ番組「韓日王殿」の主役たちが日本東京で再会した。 福田みらい、うたごころりえ、隅田愛子がトロットガールズジャパンステージを飾った。

先月30日、東京千代田区大手町にある三井ホールで韓日歌謡祭の主要出演陣が「トロッガールズジャパン2024」を披露した。 韓日キングスウォー1期MVPのキム・ダヒョンもこの公演にスペシャルゲストとして登場した。 キム・ダヒョンは愛子隅田と一緒に韓日初トロット歌手デュオ「ラッキーパン」結成以来初めて「ダムダディ」を日本語に変えて歌って観客たちの拍手を受けた。 また、韓国の伝統衣装である韓服を着て「津軽海峡の冬の風景」を呼び、観客の目と耳をひきつけた。

まさに自分の歌「ダンストロット!」です。 Let's Playも日本の観客にデビューしました。 この日、キム・ダヒョンは4歳の時から育ててきた韓国伝統トロットと韓国文化の定数を日本に紹介した韓流伝道師という評価を受けました。

[Tokyo correspondent Lee Seung Hoon]

READ  COVID-19チャレンジに証明された台湾の - 日本の関係:特使
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours