韓国の専門家が処理された水を海に放流する前に、福島原発を訪れます。

1 min read

韓国政府専門家チームは火曜日に津波で被害を受けた日本の福島原子力発電所を2日間訪問して処理されたが、依然として海洋に微細な放射能排水を放流しようとする議論の多い計画を調査し始めた。

日本政府と発電所の運営者である東京電機パワーカンパニーホールディングスの管理者たちは、21人の代表団に水の処理、安全点検、輸送、希釈に関連するいくつかの施設を見せると日本の管理者は火曜日に語った。

この計画は、安全と評判の毀損を懸念する地域の漁業コミュニティの激しい抗議に直面した。 韓国と中国、太平洋島国など周辺国も安全問題を提起した。

放流計画は、特に中国と北朝鮮の安全保障の脅威など、より大きな問題を解決するために長い間緊張した両国関係を回復するために努力している日本と韓国の間で特に敏感な問題でした。

代表団を団長とするユ・グクヒ原子力安全委員会委員長は、初日の訪問後、記者たちに、彼のチームが処理前後の汚染レベルを決定するために浄水システムに関する情報を含む、より多くのデータが必要だと述べました。 安全に運営されているか。 「我々は、全体的な結論に達するためにすべての情報が必要になるだろう」と彼は言った。

ユ本部長は「科学的証拠と基準をもとに、これらの施設がどのように動作するのか、正しく動作するのか、排出手順と過程が適正であるかなどを判断することに集中している」と話した。 全域計画に対する国民の不安を癒すためにできることがあるかという質問には、「検察した内容を具体的に説明できれば意味があると思う」と話した。

西村康史(サンムラヤストシ)通商産業賞産業通商資源部長官は、火曜日午前、韓国の専門家に「徹底した説明」を提供し、水タンクやその他の設備、工場建設の現状を見せると約束した。 西村氏は「これにより、計画された処理水の安全性に対する韓国の理解が深まると期待している」と述べた。

彼は韓国代表団の訪韓が国連核監視機構である国際原子力機関(IAEA)ですでに検討中の放出計画を点検するものではないと述べた。 水曜日の工場での2日目の日程を終えたユさんのチームは24日、帰国する前に東京で日本関係者と会う予定だ。

日本の管理は、合法的に放出可能なレベルで処理され、大量の海水でより希釈された水だけが海底トンネルを通って海岸から約1キロメートル(0.6マイル)離れた海に放出され、数十年にわたって制御された放出が無害になると言いました。 人と海洋生物に。

一部の科学者たちは、三重水素や他の放射性核種への長期低線量暴露の影響は不明であり、放出が遅れるべきであると述べています。

歴史的紛争は、日本が1910-1945年に朝鮮半島を植民地化している間、強制労働に遭った韓国人に対する報酬をめぐり、東京とソウルの関係を緊張させました。 しかし、これらの関係は、韓国政府が一部の元労働者に地域基金が補償すると発表した去る3月以降、急激に解氷されました。 ワシントンの圧力を受けている日本と韓国は、この地域の安全保障の脅威が増加する中で、関係を改善しなければならないという緊迫感を共有しています。

西村は、政府とTEPCOが日本の原子力規制機関の義務的な安全チェックとIAEAの最終レビュー報告を経て、処理された水を放出し始める計画だと述べた。

2011年3月11日に発生した大規模地震と津波で福島第一原発の冷却システムが破壊され、3つの原子炉が溶けて大量の放射線が放出されました。 原子炉炉心を冷却するために使用される水は、工場の約1,000個のタンクに蓄積され、2024年初めに容量に達します。

日本の管理者は、別の災害が発生した場合に偶発的な漏水を防ぎ、発電所の解体のための余地を設けるために、タンクに貯蔵された水を除去する必要があると述べた。

___

韓国ソウルのAPビデオジャーナリストチャン・ヨンジュンがこの報告書に貢献しました。

READ  日本、賃上げを通じた経済強化の目標
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours