トップニュース

韓国の裁判所、性奴隷に対する日本の訴訟を拒否

ソウル – 韓国の一人の裁判官は、水曜日に、第二次世界大戦中、日本で性奴隷に遭った韓国人女性が韓国の裁判所で日本政府から賠償を受けることができないと判決した。 。

先進判決で、裁判長は、日本政府に「慰安婦」として知られている全韓国性奴隷12人にそれぞれ1億ウォン(89,400ドル)を支払うよう命じた。

ソウル中央地方裁判所の二裁判官が異なる二つの判決を下したため、日本政府が展示性奴隷に対して法的責任を負うことにしようとする生存者の数十年の努力が複雑になりました。 二判決はまた、韓国の司法が国際法が外国の裁判所の訴訟から日本を守るという日本の主張に対して分裂したことを示した。

去る1月、韓国の裁判官は、韓国性奴隷の経験が「ある帝国が体系的に計画して犯した反人道的行為」が含まれているため、日本政府が韓国の管轄に属しないと判決した。 このような行為に対して、日本は国家主権に基づく韓国で訴訟免除を主張することができないと彼は言った。

この事件の女性グループは、裁判官の決定を画期的な勝利で歓迎したが、東京は判決を拒否した。 また、韓国と日本が「最終的不可逆ない」としていた2015年の合意が慰安婦問題に対する長年の紛争を恒久的に解決したと発表した。 以前に日本は1993年の声明で謝罪をした。

水曜日、他の韓国の裁判官ミンソンチョルは日本編を聞い全性奴隷集団が提起した訴訟を棄却した。 裁判所が国家主権の原則に例外を置く起動すると、「外交的衝突は避けられない」と判事は判決で明らかにした。 ミン氏はまた、日本が自分の行動に責任を認め、女性に戻って謝罪して生存者に老齢の保護を提供するために830万ドルの資金を用意した2015年の合意を引用しました。

生き残った女性の中には、2015年基金からの支払いを受け付けています。 他の彼らは、日本の「法的」責任を明示していないか、正式な賠償を提供していなかったとの合意を拒否した。 水曜日に起訴された訴訟は、全性奴隷11人を含む20人の原告が2016年に提出した。 11人のうち4人だけがまだ生きており、すべての80代や90代のです。

1月の判決や水曜日の判決は、この問題の最終的な発言がありません。 第二訴訟の原告は、水曜日の決定に控訴して上級裁判所の意見を求めると述べた。

訴訟を提起した女性を代弁するソウルのある擁護団体は、「判事が人権の最後の砦として機能を回避した数値な事件として史上記録されるだろう」と述べた。 訴訟に加わったイ・ヨンス全性奴隷被害者らが「戦争犯罪と反人道犯罪に対する判決を受ける権利」を否定した判事を非難したとスポークスマンが明らかにした。 李氏はまた、両国政府が国際司法裁判所にこの事件の判決を求めることを要求した。

「慰安婦」は、日本が第二次世界大戦の前後に日本軍が運営する売春店で働くように強制的にされたり誘引されたほぼ200,000人の若い女性(ほとんど韓国人)のために採用した婉曲表現です。 アムネスティによると、過去30年の間に韓国、台湾、フィリピン、中国、オランダから来た生存者たちは、日本の法廷で、日本政府を相手に、計10件の訴訟を提起しました。

生存者は今年1月韓国の裁判所で勝訴前に、すべての事件で敗れた。

アムネスティの東アジア研究院であるアーノルド・パン(Arnold Fang)は水曜日、裁判所の決定を批判しながら「過度長く待ってから、生存者の画期的な勝利が再び疑問を提起しています。 「第二次世界大戦が終わって70年が過ぎた日本政府は、これらの生存者の完全な賠償の権利剥奪を中断し、一生の間に効果的な救済を提供する必要が急がを誇張することはできません。」

東京で菅義偉首相の加藤甲信内閣事務首相は、日本政府がこれに対してコメントする前に、この判決を詳しく検討する計画だと述べた。 彼は新しい決定は、この問題に対する韓国の立場の変化を反映しているかについては、政府が答えることができませんが、「日本の態度は全く変わらない」と付け加えた。

米国は同盟国が北朝鮮の核の脅威と地域で増加している、中国の軍事的影響力を解決するために、より緊密に協力することができるように、韓国と日本が関係を改善することを促しました。 数年の間、日本と韓国は、慰安婦と1910年から1945年までの日本の植民地支配から始まった他の歴史的な問題についての角を鳴らしました。

東京は植民地支配から発生するすべての主張を含む 性奴隷女性は1965年、両国間の外交関係を樹立した条約と2015年慰安婦協定によって解決された。 1965年の協定に基づいて、日本は韓国に5億ドルの援助と手頃な価格の融資を提供しています。

韓国政府は水曜日、裁判所の判決に対して、すぐに言及していない。 しかし、定義用外交部長官は水曜日、ソウルで開かれたフォーラムで、自分の政府が2015年の交渉を放棄しなかったが、問題解決のためのすべての努力の中心に被害者と彼らの要求がなければならないと述べた。

Hisako Ueno 東京で寄稿した。

READ  カワイ案里被告秘書の上告棄却最高裁連座制適用すると、失業に - 産経ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close