トップニュース

韓国ゴルフクラブ、占領に反対する「先祖を称えるため」日本の自動車禁止

来年、韓国の南東部全北にあるAnes Villeカントリークラブでゴルフをしたい人は、誰もが日本車に乗ってはいけないという新しい条件に固執すると予想されます。

クラブは今週、ホンダ、トヨタ、日産などの自動車に乗ってくるゴルファーたちは駐車施設を利用できないと発表した。 20世紀前半。

「祖国を守り、自由を後世に譲るために、日本の迫害に対抗して戦った先祖たちの功績を称えることが私たちの目標です。 私たちはお客様にこの運動と私たちの信念を支持してもらいます。」

日本の自動車を所有するゴルファーは、代替駐車の準備が必要な場合でも、クラブ自体では禁止されていません。 コースに到着したら、クラブの日本産ゴルフカートのいずれかを使用して移動できます。

しかし、このエピソードは、経済と安全保障の協力を複雑にし、アジアの同盟国を米国主導の中国戦略の背後に閉じ込めようとするバイデン政権の努力を失望させる両国の間に残っている悪感情を示しています。

チェ・ウンミ牙山政策研究院日本専門家は「歴史問題は依然として韓国国民にとって大きな問題であり、両国関係を複雑にする」と話した。 「多くの韓国人が日本人と日本文化に対して良い感情を持っていますが、日本政府に対してはまだ悪い感情があります。」

両国のアナリストは、岸田文夫首相が首相に任命された後、関係が改善されると懐疑的です。

岸田は2015年、朴槿恵(パク・グンヘ)元大統領時代、日本が第2次世界大戦中に日本軍によって強制的に売春を強要された展示「慰安婦」問題をめぐって韓国と歴史的な取引を仲介したとき、外務上を過ごした。

しかし2017年、朴大統領の後任者である文在寅(ムン・ジェイン)大統領がこの取引を「深刻な欠陥がある」と嘲笑しながら和解過程が中断された。 1年後、韓国最高裁判所が日本企業に強制徴用被害者に対する賠償を命じ、完全に崩れた。

2019年、日本は韓国を強打し、半導体産業に重要な供給品に対する制裁を加え、怒った韓国人たちは日本製品をボイコットしました。

以後、韓国裁判所の一連の判決は緊張を悪化させた。 日本は1965年に締結された韓日条約ですべての展示問題が解決されたと主張し、韓国政府は司法部に介入できないと主張し、両国は外交的交付状態に留まっている。

アナリストらは岸田が3月、韓国大統領選挙と来年夏日本参議院選挙を控えてソウルと交渉する動機がほとんどないと話した。

キヤノングローバルスタディの韓国専門家である伊藤剛太郎は「現在では関係が改善される可能性がない」と話した。

東京でイナガキカナの追加報告

READ  「アストロシティミニ」の公開報告書 - GAME Watch

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close