トップニュース

韓国人たちは今、日本よりも中国をもっと嫌い

SEOUL – 来年の韓国の大統領選挙の予備選挙を決める選挙課題のリストは長い。 暴走する住宅価格、大流行、北朝鮮と性不平等が始まりである。 しかし、最近数週間の間にまずいない追加の国も登場しました。 まさに中国のです。

2017年に韓国の米軍が強力なミサイル防衛レーダーシステムを本土に配置することにした決定は、中国からの頻繁な批判の対象になってきた。 そして先月の大統領候補であるユンソクヨルは韓半島の近くで、独自のレーダーシステムを削除することを希望しない限り、不満を提起しないよう国に言いました。

ここの政治エリートは、一般的に、中国の最大の貿易パートナーである中国を敵視しないように注意してください。 しかし、尹氏の鈍いレトリックは新しい現象を反映した。 韓国人、特に保守政治家が熱望している若い有権者の間で、北京への反感が高まっているということだ。

今年に入って反中感情が深刻になって韓国で最も不利な国と評価される、日本を中国が抜いて1位に上がった。調査 世論調査会社韓国リサーチと韓国のニュースマガジンの際にサイン(SisaIN)で。 同じ調査で韓国人は中国より米国を6:1に好ましいと述べた。

回答者1000人のうち58%以上が中国を「悪に近い」と答えたのに対し4.5%だけが「線に近い」と答えた。

他の先進国でも、中国の否定的な見方が深くなったが、昨年のピューリサーチセンターが調査した14カ国のうち、韓国は 唯一の 若い人たちが前の世代よりも、中国の多くの不利な見解を持っていたことです。

定められたウールのシニアアナリストは、「今までの日本を憎むことは韓国の民族アイデンティティの一部だった」とし「特別な理由なしに、日本を憎んと本当の韓国人であることだ」と述べた。 韓国リサーチで「私たちの調査では、40代以上はまだ中国より日本をもっと嫌いました。 しかし、今後数十年の間に、大韓民国を導いていく20〜30代の若者が中国にスケールを投げた」と述べた。

韓国は3月に次期大統領を選出しており、グァンチュクトンは韓国の北京政策について若者たちがどのように投票するか注視しています。

韓国の保守主義者たちは、ワシントンとの同盟の全面的な支持のほかに何でも「親北」、「親中」と呼んだ。 進歩主義者たちは、一般的に、北朝鮮との和解を支持し、米国と中国の間の外交 “自律性”を要求します。 韓国の若い世代は、伝統的に進歩に投票したが、ミレーニオル世代は、これらのパターンを破ってスイング有権者へと変貌しています。

ソウルの有権者ジャンジェミン(29)は、「中国は、チンピラのように行動するのに対し、韓国政府は無慈悲な行動をするのを見るとき、私たちは不満を感じている」と述べた。 「しかし、我々はまた、中国や北朝鮮とあまりにも多くの緊張を望んでいません。」

何十年もの間、韓国は米国との軍事同盟を介して利益を得、経済成長を促進するために、中国との貿易関係を構築しました。 しかし、そのバランスは、ワシントンと中国の関係を維持するのがますます難しくなっています。

ムン・ジェイン大統領の保守ライバルであるユン氏のような、これら米国と中国の韓国のあいまいな政策が中国を、中国の侵略に対抗するために努力する米国主導の民主主義連合で韓国を「最も弱い輪」にしたと訴えました。

ユンさんは先月、韓国の日刊中央日報とのインタビューで、「私たちは、あいまいに残ることができない」と述べた。 インタビュー 彼は中国の批判的な発言をしました。

保守野党は長いドア大統領を「親中」と非難してきた。 彼の政府は、韓国がヨーロッパを含む他の米国の同盟と同様に、どちらの力も疎外させてはならないと主張しました。 韓国は、ワシントンとの同盟を圧倒的に支持が、中国との交易は、米国、日本、欧州連合(EU)との交易を合わせたほど大きい。

定義用外交部長官は「私たちは、どちらを選ぶことができない」と述べた。

しかし、ドア大統領は、5月にワシントンでバイデン、大統領に会ったとき「台湾海峡の平和と安定」を維持の重要性を強調して、韓米同盟を「地域と世界秩序の中核軸」にすることにし約束した。 多くのアナリストは、この声明を韓国が台湾をレッドラインと呼ばれる、中国を怒らせする危険を冒して、米国とより緊密に協力しているという信号で見た。

保守の主要野党のピープルパワーあたり(People Power Party)は、すでに選挙で勝利するために、若い有権者の反中感情を利用し始めました。

4月に、若い有権者たちは、韓国の二大都市で行われた市長選挙で政党の圧倒的な勝利を助けた。 先月若い党代表イ・ジュンソク(36)は、韓国のミレーニオル世代が、中国と戦うと述べた。 “残虐” 中国が集団虐殺容疑を受けている香港と腎臓のようなところからです。

韓国の高齢者は、しばしば反共主義者とはいえ、数千年の間、韓半島に影響を及ぼし、中国の文化を尊重する傾向があります。 また、韓国の急速な経済成長が韓国輸出業者に大きな助けになった適当な巨人とみなされました。 韓国の若い人たちは、そのような観点を共有していない傾向がある。

それらのほとんどは、自国の経済的、文化的な成功を誇りに思って育った。 そして習近(習近平)国家主席の下、中国の対外政策がさらに強力になるにつれて、中国の権威主義を自由社会の脅威に始めました。 彼らはまた、中国のコロナウイルス処理、南シナ海での膨張主義、定期的にソウルを覆う、中国の微細粉塵汚染に対して批判的であった。

アンビョンジン慶煕大政治と教授は「先輩たちが汗と血を流して築いてきた自由主義的な環境で育ったので、自由主義国の先天的に反感を持っている」と述べた。 「彼らは中国を批判する政治家を応援します。」

米国と中国の間に韓国のジレンマがTHAADで知られるアメリカのミサイル迎撃レーダー配置よりも劇的に拡大されたところはありません。

韓国の管理者は派兵に同意したとき、北朝鮮を守るために必要だと言いました。 中国はこれを、この地域に駐留する米軍の継続的な脅威の一環として、韓国の観光を抑制し、韓国の自動車、スマートフォン、ショッピングモールやTV番組をボイコットすることによって報復した。

ハナムソクソウル、中国の政治経済の教授は、最近数年間、韓国の大学が資金に飢え韓国の大学で中国人留学生を多く受け入れ始めながら、キャンパス内外で北京の敵意がどのよう深化かを観察した。

彼は香港の若い民主化デモ隊を支持するかどうかをめぐり、韓国と中国の学生が衝突したと述べた。 また、K-popとキムチを置いて、オンラインでの議論を行いました。 3月に多くの韓国の若者が中国の餃子を食べる古代韓国の王を示しドラマシリーズをキャンセルするようにTV局を余儀なくされました。

ハさんは「中国が、香港のようなところで一日のを見ながら、韓国人は中国の影響をより多く受ける場所に住んでいることがどんなものか、自分自身に尋ねる開始した」と述べた。

READ  榮倉奈々、第二子妊娠を発表「心身ともに穏やかに過ごして...」夫は俳優の賀来賢人| ORICON NEWS

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close