韓国領有権に対する日本の主張を強化する年次行事開催

Estimated read time 0 min read

最近改善されている両国関係の長い障害物である日本海の韓国が統制する島グループに対する国家の主張を強化するため、木曜日西部日本で年次行事が行われました。

丸山達也島根県知事と平沼昭二郎内閣府次官が日本では竹島、韓国では独島(独島)と呼ばれる独島について県庁が主催した記念日行事に参加した。

島根県政府は、各決定が下されてから100年後の2005年2月22日を竹島の日に指定し、その決定を記念する行事が過去19年間組織されてきました。

自治体はこれまで中央政府に高位級関係者派遣を繰り返し要請したが、今年の行事にも内閣府国会次官が参加した。

総面積0.2平方キロメートルに達するこの島は島根県海岸の北西に位置し、植物や飲料水がほとんどない火山岩で構成されています。 しかし、彼らは豊富な漁場に位置しています。

韓国は1954年から両国から約200キロ離れた独島に保安要員を配置して事実上統制してきた。

2010年代後半と2020年代初頭、数十年ぶりに最悪の水準に悪化した両国関係は、2022年5月にユン・ソクヨル大統領が就任した後、顕著に改善される兆しを見せている。

日本の1910~45年朝鮮半島植民統治と領土問題による紛争が続いているが、岸田文夫首相とユン首相は共同の課題を解決するために両国間、そして主要同盟国である米国との関係を深化させようと努力する。来ました。 核武装した北朝鮮。

READ  OSIRIS-REx小惑星サンプル送達中のワイヤ交差によるパラシュートの問題
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours