世界

韓国首相「ヤンセンのワクチン4 – 第2四半期から接種」としたが、…病気管理庁は、「詳細計画中」| Joongang Ilbo | 中央日報

ⓒ中央日報/中央日報日本語版2020.12.24 18:13

韓国政府が新型コロナウイルスワクチンと関連アストラゼネカ以外ファイザー、ヤンセンと1600万人分を追加契約した。

病気管理庁は24日、「すでに契約を締結したアストラゼネカの2000万回(1000万人)と一緒にファイザーで2000万回(1000万人分)、ヤンセンから600万回分(600万人分)を供給される予定である。ヤンセンの場合、当初400万回以上200万回分追加した金額で契約した」と明らかにした。 このほか、モデルルナも「来年1月の契約を目指し交渉している」と説明した。

事前に購入したワクチンの3種類は、来年3月から段階的に導入される。 病気管理庁のヤンドンギョ医療安全予防局長は24日、会見で「供給時期は、製薬会社別生産量との契約時期などによって差がある。アストラゼネカは、1 – 3四半期ヤンセンは4-第2四半期ファイザーは7 – 9月期から導入される予定だ」と語った。 導入開始時期が出てきただけで詳細な計画は明らかにされなかった。 アストラゼネカのワクチンが2〜3月に75万人分ということしか知られていない。 ファイザーのワクチンは、来年7〜9月に入ってくるが、1000万人分が3カ月以内にすべての到着接種することができるか疑問が提起されている。

両局長は、具体的な導入スケジュールにつきましては、「接種計画などを考慮して詳細に決定されるだろう」と付け加えた。 「秘密保持契約に基づいて契約書に記載されている供給時期と金額については、詳細に公開することができない」と述べた。

両局長は「現在、8600万回分が用意されており、60〜70%の国民が接種は問題ない。優先接種推奨対象者には、インフルエンザの流行時期11月以前に接種を完了できるように接種計画を準備している」と説明した。

しかし、翰林聖心病院呼吸器内科チョン義足教授は「来年の冬コロナのコントラストは、9月までに少なくとも3000万人の接種を完了しなければならないが、政府の発表を見て、それは可能であるかわからない」と指摘した。

両局長は、ワクチンの導入時期を早める問題と関連し、「さまざまな方法で時間を早める努力をしている」と答えた。 これに先立ち、24日午前丁世均(チョン・セギュン)首相がファイザーのワクチンを4 – 2四半期中に早めるために、国家レベルで総力を傾けていると明らかにしたしたが、海外での事前購入金額の状況などを見ると、成功の可能性は未知数だ。

チョン・セギュン首相が「ヤンセンのワクチンは、4 – 2四半期から接種を開始する」と述べたが、これも不透明だ。これに関連し、4〜6月中に600万人分の接種を終えるという意味なのか尋ねると、両局長は「固有ワクチンの特性と効果を考慮して、詳細な予防接種計画ができる」とだけ答えた。導入と接種がほぼ同時に進行されるみるといいかについての質問にも「できる限り早い時期に接種することができるように徹底的に準備をしている “と述べた。

さらに、「インフルエンザの流行前に、まず接種を完了したい」という従来の立場だけを繰り返した。

両局長は「モデルルナと来年1月に契約を締結することを目的と交渉を進めている。供給時期がいつなのか詳細に駆使するという点をご了承してほしい」と述べた。

ヤンセンとの契約金額が8日発表の時とは違って、200万人分を追加確保されたことと関連し、国内で委託生産する可能性について両局長は「政府の継続的な努力と企業の協力で追加契約になった。国内委託生産については議論されたことはない」と述べた。

米国がファイザーのワクチンを追加購入することが韓国のワクチン確保に及ぼす影響はないと予想した。 両局長は「現在まで韓国に供給されるワクチンに影響はないものと確認した」と述べた。

READ  焦点:戦略的重要性の増加グリーンランド、監視体制は「節穴 "|ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close