韓日、「未来志向のパートナーシップ」に進む

1 min read

テイクアウト

ユン・ソクヨル韓国大統領は日本と「未来志向的パートナーシップ」を構築し、「シャトル外交」または定期相互訪問を通じて日本を再参加させるという大統領公約に基づき、岸田文夫(Kisida Fumio)日本首相と2回目の会談を行った。 5月7日首脳会談。 両国間で未解決の数々の刺激にもかかわらず、量子関係の劇的な変化は、カナダを含む参加のための新しいドアを開くことができます。

単に

尹長官は2022年、尹当選以後政治・国防高位級会談を経て相互訪問と安保対話再開、貿易紛争解決、情報共有協定の復元に合意した。 3月16日、東京で日本と韓国は初の量子首脳級会議を行った。 12年ぶりに首脳会談。 この会議はかなりの反騰を記録した。 2010年代中に悪化した両国関係は 2018年 外交紛争と貿易緊張につながった韓国裁判所事件について。

3・16首脳会談後、韓国は 苦情を撤回 日本が世界貿易機関(WTO)に提出​​した輸出規制に反対する一方、日本は重要な半導体素材に対する輸出制限を解除すると約束しました。 両国道 作業関係をリセットしました。 統計庁と日本統計庁の間で両国のデータを収集、分析、共有するために首脳会談の再開に続き、上級外交官と国防関係者らは、2020年10月25日の会議で北朝鮮、増加する核およびミサイル脅威などについて議論しました。 「2+2」 会談。 両首脳は去る5月7日岸田の最初の量子訪韓でまた会って「全面的再開」を知らせた。シャトル外交」または3月ユンと岸田が合意した定期相互訪問。首脳会談に対して両国で交錯した反応が出たが、 さまざまな問題 福島原発処理水放流計画、安保、先端産業、科学技術、青年・文化協力などが議論された。 全体的に、今回の首脳会談は、安全保障と経済関係を強化し拡大する議論の重要な機会であり、北東アジア国際力学の再編可能性を示唆しました。

示唆

議論になっているユン氏の提案以来 去る3月韓国企業が出資した財団を通じて強制徴用被害者補償、 両側には拡張オリーブの枝があります。 最近では、首脳会談での親善の表示として、韓国の専門家が計画された処理水を太平洋に放流する前に、今はなくなった福島原子力発電所の現場調査を行うことを許可することに同意しました。

韓国は長い間、福島で処理された水が海に放流されることについて懸念を表明してきました。 1月30日、 韓国新聞 2017年半ばから2022年末まで貨物船に平衡水で貯蔵された福島の処理数数百万トンが韓国海域に投機され、全国的に小規模デモが行われたと報道した。

3月20日、 岸田の招待 ユン首席は5月19~21日、広島で開かれるG7(主要7カ国)首脳会議に出席する。 ジョーバイデンアメリカ大統領北朝鮮の核とミサイルの脅威に対応し、安全保障関係を強化することに焦点を当てているようだ。

4月24日、 産業通商資源部 信頼できる「戦略的」貿易パートナーのリストを修正し、3年間の欠席後に日本の迅速な地位を回復しました。 韓国は日本の「ホワイトリスト」に含まれない。 しかし、すぐに変わることができます。 日本の経済産業省は 現在 自社輸出管理規則の可能な改正について公衆を調査する。 これらの変更には、内閣の承認も必要です。

両国がインクを書いていない間 すべての契約 半導体やバッテリーの分野では、キシダとヤーンは、エネルギーや鉱物などの分野でのパートナーシップを強化するために、経済協力とサプライチェーン管理を強化する方法を模索しています。 これらの量子緊張の解氷と流行性の旅行制限の継続的な緩和は、地方と人的交流を高めるのに役立ちます。

今後の計画

  1. 未来志向の関係のためのプロジェクト

5月11日日本経済人連合会(ゲイダンレン)は 日本最大規模のビジネスロビー 日韓未来志向の関係構築を目指すプロジェクトのための基金助成手続きを完了したと発表しました。 京団連は全国経済人連合会と共同で7月6日ソウルで産業協力フォーラムを開催する。

  1. カナダのインド・太平洋戦略について

ジャスティン・トリュド首相 5月16~18日、ソウルを訪問してユン長官に会って経済・エネルギー安全保障、純済で排出、人権などに対する意見を交換した後、5月19~21日広島で開かれるG7首脳会議に参加する予定だ。

  1. 新しい同盟?

2023年1月、 カナダは新しい同盟を提案した。 インド – 太平洋地域で増え続ける中国の影響力に対応するために、日本、韓国、アメリカと共に。 この提案は「平和、弾力性、セキュリティ」と提案していますが、ソウルサミットや後続のG7会議で提案を進めることができるかどうかはまだ残っています。

•CASTの北東アジアチームの制作:Scott Harrison博士(シニアプログラムマネージャ)。 桃作堂(アナリスト)。 オム・テヨン浄水晶(Analyst)。

READ  オースティン大臣の第7次インド - 太平洋地域の巡回>米国防総省>釈放
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours