韓日、国防高位級人事交流再開合意

0 min read

木原みのる日本防衛賞と新院式韓国防衛賞が6年ぶりに国防高位級交流を再開することに合意した。 2018年のレーダー事故以降、取引所が保留された。

キハラとシンは先週土曜日、シンガポールで開かれたシャングリ・ラ・アンボ・フォーラムで出会った。

幾原は両国のリーダーシップのおかげで両国関係が改善されているだけに、今後の国防協力について議論したいと言いました。

日本自衛隊と韓国海軍がレーダー事件再発を防ぐために設けた安全対策内容を両国長官が確認した。

2018年の事件で、日本は韓国海軍駆逐艦が日本海上空で自衛隊哨戒機に射撃制御レーダーを指示したと明らかにしました。 韓国は容疑を否定している。

土曜日の大臣は事件の詳細を議論しなかった。 対策にも言及はありません。 しかし、一方が相手の行動が危険だと判断して連絡を試みる場合、相手がこれに対応するように明示しています。

キハラは今回の事件に対して両側とも立場を維持するが、再発すると元に戻せない被害が発生する可能性があると記者たちに話した。

彼は交流再開が両国関係と米国との関係を深め、安全保障問題解決を促進するのに役立つと述べた。

シン長官は会談後、記者たちと会って防疫措置について具体的に明らかにしなかったが、韓国海軍艦艇の安全を保障すると述べた。

彼は「韓日間相互信頼回復と北朝鮮の脅威抑制に役立つだろう」とし「韓日安保協力、韓米・三国協力を深化していくことを希望する」と話した。

READ  中規模4.0の地震東京の南西8km /火山
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours