韓日・中三国主義を中心とした経済的利害関係共有

1 min read

韓日・中三国主義を中心とした経済的利害関係共有

去る5月27日、ソウルで開催された第9次韓・日・中3国指導者首脳会談は、2019年以降年次行事が中断されて以来、最初の会談でした。 変化する世界経済秩序の中で、今回の宣言文は韓国と中国との継続的な貿易関係を確認させてくれました。 日本は三国間経済協力に新たな活力を吹き込みました。

ユン・ソクヨル韓国大統領が自身の演説で強調したように、東アジア3カ国を合わせれば世界GDPのほぼ4分の1を占めます。 はじめに 上から。 韓国と日本が重複する経済・安全保障パートナーシップを追求する一方、中国は両国の最大貿易パートナーとしての優位を維持しようとしています。 これらの違いは、会談の再開に特別なニュアンスを提供し、継続的な参加の基盤として共有貿易関係の役割を検証します。 したがって、軍事的、経済的増加にもかかわらず 極性 この地域で韓中日三国の経済的制度化の約束に対する確言は、韓国と日本の中国との経済協力が続く可能性が高いという強力な指標です。

貿易関係は首脳会談の議論の主題を形成しました。 尹総長は中断された韓日・中自由貿易協定(FTA)交渉の早急な再開を促し、「韓・日・中企業人が力を合わせれば3国がFTAを主導する主役になることができる」と話した。 世界」

同様の文脈で、李昌(Li Qiang)中国首相も5つの事項を説明した。 提案 韓・日・中協力強化のために二番目には韓・日・中FTA交渉を早急に終え、3国が地域繁栄と安定への寄与を高めなければならないという点だ。

岸田文夫日本首相は、尹総長、李首相とは別に二国間協議を行い、具体的な貿易懸案に対処する機会を得ました。 刑務所通信 報告済み 岸田首相は、2023年8月から施行された中国の日本水産物全面輸入禁止措置を直ちに解除するよう要請した。 別々の量子議論 エネルギー、技術、サプライチェーンをカバーする尹総裁と岸田首相との対話は、最近、韓国の技術企業ネイバーを取り巻き、両国が行った紛争を中心に行われました。

3つの国がすべて一つにまとめられた。 共同宣言 6つの協力分野のひとつとして経済協力と貿易を含み、3国首脳会談を毎年開催することを約束しました。 「地域開発の格差を減らし共同発展を達成する」ために、世界貿易機関(WTO)、地域包括的経済連携協定(RCEP)、ASEAN+3協定を支持するとともに、紛争解決メカニズムの機能を擁護した。 WTOは2024年末まで。 そのために、WTOは継続的なビジネス交流のための次のステップとして、三国間起業家フォーラムを歓迎し、FTAの加速された完了を促す指導者レベルの宣言を反映しました。

知的財産権(IP)に焦点を当てた約束も導入されました。 「と呼ばれる。3国IP協力10年ビジョン」または「3局+X IP協力」を通じて全面改編された3局IPシステムを導入するための共同の努力を結集し、「3局を超えて」領域への拡張を要求することにより、より広い地域フレームワークとしての可能性に注目しています。 ソウル、東京、北京間の技術協力を促進し、환황해 경제기술교류회의 지속 등共同宣言文に提示された技術イニシアチブを補完し、IP対話を今後の経路として活用します。 地域で重複する多くの技術分野を調整します。

これに加えて、今回の首脳会談は、より幅広い地政学的合意を形成する上で重要な意味を持ちます。 新しい素晴らしいゲーム。 一部の人々は中国が「代替順序” 認識されたアメリカの覇権に対応するため。 中国の立場で今回の首脳会談は、中国が見ている米韓日三国公告化に対するバランス推だったと主張できる。 反する その影響力に。 これに対してユン総裁や岸田首相はいずれも好恵性がないように見えたが、理論上は李首相が 促す 首脳会談で「世界の多極化を促進し、ブロックや陣営形成に反対」する必要性。

少なくともこれらすべては、中国が韓国と日本との関係をアジア戦略の核心として見ており、貿易関係の共有が3国間の外交的関係を継続的に主導することを示唆しています。 米国は、例えば、以下の方法で韓国や日本との協力を拡大しようとしている。 ミラーリング 韓中日制度化 三者事務所、中国の第三者協議の復帰は、同じレベルのより深い協力のために競争しているという兆候です。 これがどのように外交政策の優先順位を決定するか、世界経済を再編するか、多くの期待を持って見守ります。

トム・ラメージ(Tom Ramage)は、米国韓経済研究所(KEEP)の経済政策アナリストだ。 ここで表現された見解は、著者だけの見解です。

写真シン・ヨンヨン記者 韓国公式Flickrアカウント

KEIは大韓民国政府が設立した公企業である対外経済政策研究院の代理人としてFARAに登録されています。 追加情報はワシントンDC法務省で確認できます。

READ  日本を捕らえるマルクス主義、脱資本主義、緑宣言文
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours