韓日・中CEOら、経済協力強化願い

1 min read

韓日中の主要企業家が経済活性化とサプライチェーンの安定を最も期待する中で、経済関係強化の必要性に全会一致で意見を集めたことが最近、大韓商工会議所が実施した調査で明らかになった。

今回の結果は去る5月27日ソウルで開かれた韓中日ビジネス首脳会議で経済協力に対する見解を企業人136人を対象に現場調査した結果出たものです。

今回の調査は、経済協力に対する3カ国すべての共通の関心を強調しました。 具体的に回答者の82.4%は「絶対に必要だ」と答え、「ある程度必要だ」と回答し、中国CEOが91.3%で最も高い支持を見せ、韓国人84.8%、日本人70.5%が続いた。

多国籍協力の予想される肯定的な影響について、回答者の65.4%がその利点について「強く同意」し、残りは「同意」しました。

経済協力の期待効果は多様だった。 韓国CEOは「経済活性化」を84.8%と好み、日本CEOは54.5%と好みが高かった。 両国は「供給網安定性」を挙げたが、韓国CEOは10.8%、日本CEOは27.3%が選択した。 中国のCEOらは「供給網の安定性」を84.8%とし、「経済活性化」は4.3%、低出産および高齢化問題緩和は8.7%にとどまった。

協力のための最も重要な課題としては、日本のCEOの大多数が気候変動対応を54.5%と強調したのに対し、韓国CEOは気候変動(23.9%)、金融分野(26.1%)をほぼ同様の優先順位に挙げました。 中国のCEOは、医療協力と老化問題の解決を30.4%に強調し、気候変動の問題解決が23.9%に続いています。

民間レベルのコミュニケーションと交流の拡大が経済協力強化のために最も必要な努力だという点に3国とも同意し、52.9%がそうだと答えた。 その後は外交協力強化が25%、技術交流拡大が15.5%と続いた。

パク・イルジュン大韓商事常務部会長は「3国の主要CEOの間で経済協力の必要性とその恩恵に対してほぼ完全な共感を求めた」と話した。 「各国の優先課題と期待効果を解決するために協議体を構成し、共同研究事業を展開する計画です。」

5月27日の行事で大韓商工会議所と日本経済人連合会、中国国際貿易促進協議会は共同声明を発表し、民間3者協議体設立を含む経済協力増進のための案を設けた。

READ  AMNSルクセンブルク、日本ローン50億ドル調達
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours