韓日大臣、北朝鮮問題議論

Estimated read time 0 min read

林吉正日本外務大臣が、権営税統一部長官と北朝鮮問題について意見を交換した。

林は木曜日、東京の外務省で権長官に会った。

今回の会動は岸田文夫日本首相とユン・ソクヨル韓国大統領が先週首脳会談で韓日関係改善に合意した後、政治権交流が本格化したという信号だ。

林はユン総長の日本訪問が大きな成功を収めたと評価し、韓日関係改善のための彼のリーダーシップに深い敬意を表した。 大統領就任後しばらく経って訪日した権委員長にも感謝を表した。

クォン長官は、韓日両国政府が両国関係の健全な改善のためにより多くの努力を傾けるべきだと述べた。

彼は、北朝鮮の核と人権問題を韓国だけでなく全世界に影響を及ぼす問題と言及し、最も近い隣人である日本との関係をより一層強くしなければならないと強調した。

権長官が18年ぶりに日本を訪れた韓国統一部長官だ。

彼は24日午後、松野広和官房長官と会って拉致問題などを議論する予定だ。

READ  LA ImariでDavid Schlosser川崎ショックスタイルの日本料理を探求します - Robbレポート
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours